映画を想像して小説「勝手にふるえてろ」を読んでみた件。

エンタメ

3週間程前に、アメリカ行きの飛行機内でたまたま「君の膵臓を食べたい」という映画を見た。

何となく観ただけの映画だったのに、高校生時代を演じた主演の二人の美しさと、演技力に魅了されて、とてもハマった映画。今でも思い出してはニヤニヤしてしまう。痛い…

 

この「君の膵臓を食べたい」で主演を演じている北村匠海くんが新しい映画「勝手にふるえてろ」にヒロインが片思いする役で出ていると小耳に挟んだ私。(超古い情報)

「勝手にふるえてろ」のヒロインは、見た目も中身も大好きな松岡茉優ちゃん!

これは絶対に観たい!と思ったのだけど、今は観たい時に日本の映画をすぐに見れる環境に居ないので、先に本を読んでみることにした。

Kindleも楽天koboもどちらも電子書籍がありました!たったの493円!嬉しい!

Kindle版

 


あらすじ

26歳こじらせオタクアラサー処女ヨシカが、人生で初めて男性二に告白された!

ヨシカがずっとずーっと好きなのは、中学時代から変わらずイチだけど…

この恋、絶滅すべきでしょうか?(小説より引用)

ざっくり書くとこんなあらすじです。

最終、イチか二を選ぶか、選ばないのか、に辿りつくまでのヨシカの成長過程が面白いのでしが、あまり細かく書くとネタバレになるので割愛します。

感想

小説は160ページ程で、そのうち70%が「勝手にふるえてろ」、残り30%が短編小説になっています。

「勝手にふるえてろ」パートは、本当に読みやすくて、30分程でサクッと読めます。

書き手が、主人公のヨシカなので26歳等身大の彼女の気持ちになって物語を読んでいて、歳が近いこともあり、共感できることや、クスクス笑ってしまう表現も多く、

全体的にとても面白かったです。

他の方のレビューを見ると、ヨシカ最低!何て女だ!って書かれていること多いんですが、この最低さは現代のアラサーにおいて超リアルなんです。だからめっちゃ面白い。

映画のキャストを想像しながら、小説を読み終えると、主演のヨシカ演じるの松岡茉優ちゃんのイメージはぴったりだなァと思いました。

そしてヨシカが恋い焦がれる片思いの相手であるイチ君役の北村匠海くん。

絶対めちゃくちゃ似合うだろうなァ…。

 

 

機会があれば、早く映画を観たいです。

(この映画を観て、映画の設定が24歳ということに初めて気付いた。何故26歳にしなかった!?)

日本で映画やドラマを観るなら

海外にいる今は、契約をしていませんが

日本にいる時はずっと初回1ヶ月無料、月500円のdTVを利用していました。

最新映画は多く無いのですが、作品数はとにかく多くて絶対に観終わることは無いので

映画好きさんにはオススメです ( ˊᵕˋ )

 

 

よろしければクリックお願い致します 。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村

 

関連記事  武田玲奈主演「パパのお弁当は世界一」を観て日本の父娘愛について感じたこと。
ryo

台北在住。台湾の上場企業で営業部長の傍らウェブライターやブログ運営をして気ままに暮らしています。
詳しいプロフィールはこちら

ryoをフォローする
エンタメ
スポンサーリンク
ryoをフォローする
Place In Taipei

コメント