台湾のコンビニで買える珍しい台湾ビールまとめ【2018年版】

台湾のお土産

 

みなさん、ビールはお好きですか?

 

台湾旅行で定番の「台湾ビール」のほかにも

クラフトビールブームが、数年前から台湾にも到来しており

最近は、コンビニやスーパーでも色々な種類の「台湾ビール」を購入することができます。

 

ここは、台北のコンビニやスーパーで購入できるちょっと変わった「台湾ビール」

実際に購入して飲んだ私が、写真や値段、感想などと一緒に紹介していくページです。

 

「台湾旅行のおみやげ」に、

いつもとはちょっと違った台湾ビールを持って帰ってはいかがでしょうか?

 

【最終更新2018年11月9日】

 

1NTD(元)*3.7=日本円 (2018年11月現在)

金香茶啤(緑茶ビール)

ブランド:金香茶啤

(臺虎精醸)

産地:台湾
アルコール度数:4.9%
購入できる場所と値段:カルフール ・コンビニ

 

2018年の10月に発売された、台湾クラフトビールの大手「臺虎」が販売している緑茶ビールです。

この緑茶は、台湾で有名な「阿里山茶」を使用している模様。

 

以前、台湾ビール最大大手の「台湾啤酒」から紅茶ビールが出たことがあったのですが、

味としてはそれよりもさらに微妙・・。

お茶とビール、私は合わないと思うのですが、台湾人は好きなんですよね〜。

今この時期しか買えない限定ビールで話題性はあるので、

お土産やビール好きはコレクションとして買って帰っても良いかもしれません。

BUCKSKINビール

ブランド:BUCKSKINビール

(金車)

産地:台湾
アルコール度数:4.9%
購入できる場所と値段:カルフール ・コンビニ

 

台湾の飲料メーカー金車が2018年6月に発表したビールの新しいブランド。

ドイツビールの製法を元に作られていて、見た目「輸入品か?」と思うのですが、

100%台湾で作られた台湾ビールです。

 

Hefeweizen(バナナと香辛料の香りが特徴のドイツ小麦ビール)

 

Munich Helles(麦芽の爽やかな風味が特徴の黄金ラガービール)

 

私は、ブルー(Hefeweizen)が麦の味と、バナナ風味という変わった味で好きでした。

 

せっかく台湾に来たら、日本では売られていないレアな台湾ビールを試してみてくださいね。

 

引用:台北経済新聞

 

秋柚啤酒(2018年秋の柚子ビール)

ブランド:台湾ビール・微醺系列
産地:台湾
アルコール度数:3.5%
購入できる場所と値段:カルフール ・コンビニ39元

 

今年の中秋節に向けて作られた柚子のフルーツビールです。

パッケージも可愛いし、味もフルーティーだけど柑橘系の甘さで幾らでも飲めてしまうので今の時期一番オススメのビールですね。

 

台湾ビールが出している季節もののビールの中で、一番好き。

今日本で友人に会うことがあったら迷わずお土産として持って帰りたいビールナンバーワンです!

 

例年の経験からすると、中秋節(9月)の時期が終わっても

年内はスーパーとかで購入できる可能性が高いです。笑

 

果微醺(フルーツビール)

ブランド:台湾ビール・微醺系列
産地:台湾
アルコール度数:3.5%
購入できる場所と値段:カルフール ・コンビニで39元

 

台湾のビール会社で最大大手の「台湾啤酒」が出しているフルーツビール系列のひとつです。

このマスカット味、かなり好き。

甘いのにスッキリしていて飲みやすいし、カクテルではなく「ビール」なのがたまりません。

日本にはアルコール度数が少なく、女性も飲みやすいよ〜ってシリーズで「ほろ酔い」を出しているじゃないですか。

これは、台湾でいう「ほろ酔い的ポジションのアルコール。でもカクテルじゃなくてビール」なので

ビール好きの私としては、ほろ酔いの数倍好きなアルコールドリンクです。

 

 

墾丁 KENTING HOPPY LAGER

ブランド:墾丁 HOPPY LAGER
産地:台湾
アルコール度数:4.5%
購入できる場所と値段:カルフール ・120元

 

恆春3000啤酒博物館 Hengchun 3000 Brewseumという台湾最南端のブルワリーで作られているビールです。

大好きなブログ日本人喝台灣で見ていて、ずっと飲みたいビールだったので

まさかカルフールのスーパーで出会えるとは!

定価は120元(約430円)とお高いですが、この日はセールで80元になっていたので2缶買っておきました。笑

麦芽の味がしっかり残っているのに、フルーティーな味わいで本当に飲みやすい!

コンビニやスーパーで買うビールの中で、ここ一番美味しかったです。

 

【恆春3000啤酒博物館ブルワリーが製造しているビールを全て飲み終えた記事はこちら】

関連記事  台湾最南端のブルワリーで作られたクラフトビール「 恆春3000」を全種類飲み比べてみました!

 

爽 BEER TAIWAN BEER

ブランド:爽 BEER
産地:台湾
アルコール度数:3.5%
購入できる場所と値段:コンビニ・30元

7月27日に台湾の最大手TAIWAN BEERから販売された「爽 啤酒」

爽快の「爽」は、日本語とほぼ同じ意味で

「クゥ〜〜〜気持ちい〜〜〜!」って時に男性がよく使っている言葉です。

あまり女性が使う言葉ではないようで

男の人が言っているのをそのまま真似して使ったら、「子供か!」と笑われました。笑

 

アルコール度数は3.5%でかなりさっぱりした味です。

普通のTAIWAN BEERや、18天と同じような

台湾人が好きな味に作られているように思います。

すごく安いけど、私は濃厚なビールが好きなのであまり好みではないかな。

 

夏密啤酒(2018年夏のメロンビール)

 

ブランド:夏密啤酒
産地:台湾
アルコール度数:2.8%
購入できる場所と値段:コンビニ・39元

 

「夏密啤酒」は、2018年夏限定のメロンビールです。

味は、甘くて感動するほど美味しい!今期、女子受けナンバーワン台湾ビールです!

(自分調べw)

 

ちなみに、「夏密啤酒」を中国語で「xiami pijiu(シャーミーピージウ)」と読むのですが、メロン(中国語:哈密 hami・ハーミー)とシャーミーをかけてます。

言葉遊びいいなぁ。

 

中国語のわかる人だと思わずクスっとしてしまうビールです。

アルコール度数は、2.8%と低く、ビールっぽさも少ないのですが

メロンが全然甘すぎないところが良い。

 

メロンというよりなんだか冬瓜に近い甘さもあるような気がします。

 

春綠啤酒(2018年春の紅茶ビール)

 

ブランド:春綠啤酒
産地:台湾
アルコール度数:3%
購入できる場所と値段:コンビニ・39元

これは、台湾ビール社から2018年の春に発売されていた紅茶フレーバーのビールです。

アルコール度数は3%ですが、ほとんどビールの味はなくって、紅茶とビールも私的には、合うかあ?っていう感じだったのですが、夏に出たメロンビールよりもずっと台湾人には人気だったようです。

普通に紅茶って感じでした。

やはり台湾人とはビールの好みが合わない。笑

 

生醸LARGER(台湾朝日ビール)

ブランド:生醸LARGER
産地:中国
アルコール度数:4.5%
購入できる場所と値段:セブンイレブン・500mlが3缶で120元

出ました!コスパが最強のビールです!笑

 

こちら、産地が中国となっていますが

台湾朝日ビール社が、日本アサヒビールの酵母を使用し

中国工場で製造したビールになります。

 

i collectという台湾セブンイレブンのオリジナルブランドとして販売されているビールのため、主にセブンイレブンで購入が可能です。

ほとんどの場合、500mlの大容量が3缶で120元の特売になっているので、

たくさん量を飲みたい人にはおすすめのビールになっています。

 

アルコール度数は4.5%ですが台湾人好みのさっぱりな味で、少し物足りない気がします。

とはいえ中国の青島ビールとかよりはしっかりしていて飲みやすいので

ただビールが飲みたい時になんとなく選んでしまうブランドではあります・・!

 

まとめ

引き続き、2018年に台湾のコンビニやスーパーで買うことのできる「お土産ビール」特集はこちらの記事にまとめていきます。

珍しいビールを見つけたらその都度、記事を更新していきますので

台湾旅行で美味しいビールを買って帰りたい!と思った時、参考にしていただけると幸いです。

 

 


 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

コメント