【民權西路】Louisa cofeeのお洒落な大型店舗「民權店」を紹介!

Cafe

 

こんにちは!台湾在住のryoです。

「Louisa Coffee(ルイーザコーヒー)」といえば、台湾発の大人気コーヒー店ですが、台湾全国には「大型店」といって特別広く、綺麗なルイーザの店舗がいくつもあります。

今回は、台北MRTのレッドライン「民權西路」にある、台北市内のルイーザ大型店舗「民權店」の店内をご紹介します〜!

朝7時から空いていて、広々としている上に電源も確保できるので、台北ノマドにも非常におすすめの場所です。

それでは、どうぞ〜。


スポンサーリンク

Louisa Coffee(ルイーザコーヒー)民權店

見た目から高級感が漂い、街中にある小さなルイーザコーヒーとは一線を置いている雰囲気です。

ルイーザコーヒー(民權店)までのアクセス

 

 

 

ルイーザコーヒー(民權店)店内の様子

お土産に嬉しい!グッズ販売コーナー

入り口のドアを開けると、目の前にはLOUISAオリジナルのコーヒードリップや

コーヒーを淹れるためのグッズが販売されています。

酸味の強いグアテマラコーヒー。

一袋35元なので、「台湾の有名なコーヒーショップのコーヒーだよ」と買って帰れば、

バラマキ用土産にも喜ばれるかもしれません。

 

お洒落なレジカウンター

キャップのお兄さんイケメンな上にめちゃくちゃ優しかった。

朝の客層は、学生やデザイン系のフリーランスが多い印象です。

左に見えるのが、タップ。

えっ、LOUISAって生ビールもはじめたの?と一瞬テンションが上がりましたが、

これはフルーツティーなど、紅茶のタップでした。

オシャレでため息が出てしまう・・・。

 

平日の朝にも関わらず、

1階席はほとんど埋まっていたので、静かな席を求めて2階席へ。

 

階段を登るとすぐに広々といた踊り場があり、

好きに手にとって読むことのできる本棚が並んでいました。

【2階席】書籍貸し出しスペース

ステキ。

まるで「誠品カフェ」にでもいるかのような雰囲気。

 

2階席の様子

2階席もこんな感じで人がいっぱい。

平日の午前中なのに何故こんなに人がいるのか。

学生やおばちゃん、お年寄りだけでなく、明らかに働き盛りの成人男性・女性も多いのがびっくりですが

台北は、働き方がおそらく東京よりも自由度高いんだな〜。

広々とした3階席

3階の席もとっても広くて、奥は会議室みたいにも利用できそうな雰囲気。

最近、台北のLOUISAやMOSバーガーでは、

ひとり〇〇元オーダーすること、とかを条件に一室を会議室として時間限定で貸し出したりしているんですよ。

 

この部屋には誰もお客さんがいなかったので、窓際のこんなに良い席を確保。

朝食は済ませていたので、頼んだのは1杯のマンゴーグリーンティー40元(150円)のみです。

 

なんだか申し訳ない気持ちになってくる・・。

まとめ

平日の朝にたまたま見かけて入ったカフェでしたが、

店内が広々として清潔なのにコスパがよくて大満足でした。

 

ただ、平日の朝で2階まで満席で

お昼時(11時頃〜)になると、3階までも人がどんどん増えて騒がしくなってきました。

食事やドリンクの値段が安いので、うるさい台湾のおばちゃん・おばあちゃんたちが集まり

大きな声でおしゃべりを始めたので退散。

 

「静かさ」は、曜日や時間帯によりそうなので、注意が必要です。

 

店名:LOUISA COFFEE 路易莎咖啡 (民權店)


住所:10491台北市中山区松江路313巷22號之2
電話:02 2517 7759
営業時間:平日7~17時/土日8~13:30

 

ノマドカフェとしての評価


電源があるか:◯(壁側のほとんどの席に設備)

Wifiがあるか:×(台湾のパケホSIMカードはデザリングでも速度が落ちず、無制限なので旅行前にはSIMカード手配か、Wifiを用意しよう)

長居できそうか:◯(席が広いので、1日いても誰も気にしなそう)

 

 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント