台北の観光スポット【迪化街】で台湾料理を出すお洒落なカフェバーを発見!

台湾のカフェ情報

こんにちは ( ˊᵕˋ )

5月1日は、勞動節(Labour Day / May Day)で台湾は1日だけですがお休みになっています。

今日は久しぶりに学生時代からの友達(台湾人)に会ってきたのですが

今回は、気分を変えて【迪化街】へ行ってきました。

 

観光ガイドにも、オールドストリートとしてよくのっているエリアですが

ここで台湾では珍しい「お酒を出し」お洒落なカフェバーの外観(西洋のバル風)で、値段も安く、尚且つ「台湾料理を提供している」お店【好迪商行 Howdy Frieds & Bar】を見つけてしまいました。

観光で台湾に来た方にもとてもオススメのお店ですので、今回ブログで紹介したいと思います。

では、どうぞ!

 

 

スポンサーリンク

【好迪商行 Howdy Frieds & Bar】

 

場所は、迪化街の観光スポットである「永楽市場(布市場)」の目の前にあるので

このあたりで観光、ショッピングしたあとにサクッと入るのに丁度良いです。

最寄駅で言うと、北門(グリーンライン)、大橋頭(オレンジライン)の真ん中あたりにありますが、北門から歩いたほうが比較的早く着くと思います。(徒歩10分程度)

店内の雰囲気

外観は、インスタでも載せましたがこんな感じ。

1階は外にカウンター席が2席だけあって、

この階段を登った2階が店内席になっています。

お水や調味料は、セルフサービスになっています。

メニューについて

普通のカフェかなーと思って入ったのですが、メニューを見てびっくり。

ここ、「台湾料理」を出すお店だったんです。

しかも良心的な値段。ドリンク込みで、食事のメニューが210元(800円)だなんて、安いですよね?

現地で生活をしている私が見ても、この店構えでこの値段は安いなあと思います。

どれも美味しそうで、たくさんメニューの写真を取っておきました(笑)

こちらは、バーガー風ですが、中に挟んでいるのは生姜やお酒、香辛料などを混ぜて揚げたチキン!ポテトとドリンクのセットで200元(750円)です。

牛肉麺や、台湾風焼肉丼なんてのもあります。

私が個人的にグッときたのは、1点60元(200円)、3点頼むと170元(600円)のサイドメニュー!

酒飲みにぴったりじゃないか〜〜〜!!!

置いてあるビールは、台湾ビールが(S)100元 (M)120元 (L) 140元=500円、その他台湾製クラフトビールが(S)180元 (M)200元 (L)220元!!

台湾のお酒を出すお店としては破格の安さです!

ってことで、今回はがっつり食事ではなくビールとおつまみコース。

 

私が頼んだのは、台湾ビール(M)120元、フライドポテト60元(サイドメニューにありました)、大好きな刮包70元、でした。

(刮包のメニューはこちら)

お店は意外にも台湾人が多かったです。(台湾人は味にうるさいのでこういうお店で中華料理食べないと思ってました 笑)

仕事の効率は結構悪そうな感じで、隣の席の人は簡単な麺が40分届かない!とお怒りでした(笑)

私も注ぐだけのビールが20分こない上にちょっとぬるかったのが残念でした。

食事という食事はしていないけど、味は普通に美味しいかなあ。

台湾人は、一度きりしか来ないかもしれないけれど、女子会や日本から友人が遊びにきた時、

ローカル慣れしていない友人を連れていくにはいい場所だなァと感じました。

こういう場所は台湾ではあまり多くないので、貴重だなあと。

 

今回久しぶりに行った「迪化街」は、インスタでも書きましたが吉祥寺のような

古いものをうまくリノベした良い感じの雰囲気になっていて、ものすごく楽しかったです。

 

「迪化街」に関する記事、まだまだ続きます!

 

 


 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村

 

関連記事  台北で働くサラリーウーマンに朗報!1ヶ月電車バス乗り放題の定期券が1,280元にて導入スタート!

コメント