【台湾移住で必要なもの】日本で揃えておくべき台湾生活の必需品を紹介!

PRODUCT

東京から飛行機でたった3時間の距離にある台湾。

日本の最南端「沖縄県」からは、台北が見える、なんて言われているくらい近い日本と台湾。

 

インターネットや格安航空の普及で、国の移動が当たり前となった今

「台湾へ移住したい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、台湾の首都「台北」に4年以上住んでいる私が思う、「台湾移住の必需品」を紹介したいと思います。

これから住む「台湾」で快適に生活をするために、ぜひ見ていただきたいです。

 

では、どうぞ。

 

スポンサーリンク

雨の日を快適に過ごすレイングッズ

折り畳み傘


台湾では、年中雨が降っています。

春夏の暑い季節には、東南アジア特有のスコールに見舞われることも多いですし

秋冬の涼しい季節は、気温が10度以下になることも多いのに雨が多いのでとても寒いです。

 

とにかくずーっと雨が降っているので、傘を持ち歩く必要があります。

ビニール傘や大きめの傘も売っていますが、

カバンに入れて持ち歩ける小さなサイズの折り畳み傘がベストです。

モンベルの折り畳み傘

アウトドアブランドMONT-BELLの超軽量折り畳み傘。

少しお値段は貼るのですが、アウトドアメーカーの作っている傘なので

「軽く」かつ「機能性」が高くオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンベル mont-bell U.L.トレッキングアンブレラ #1128551 チャコールグレー
価格:5184円(税込、送料別) (2018/11/11時点)

 

楽天で購入

 

 (2018年11月現在、これも無くしました。泣)

 

安い折り畳み傘でもOK!必ず日本で買っておくべき。

先程はモンベルの「機能性に優れた」折り畳み傘を紹介しましたが、

傘って意外とすぐに無くしてしまうんですよね。

 

 

台湾にも色々と折り畳み傘は売っていますが、デザインが超イマイチな上に

日本で買うよりも高いので、

心配な方は何本か、日本で安いものを買って来るのがおすすめです。

私も、この4年で何度傘を買ったかわかりません・・・。

大きな傘ならば必ずレストランや、立寄った場所においてきてしまうし

折り畳み傘でも小さなカバンで行くと入らないので「手」に持って出かけると、

必ず同じように無くしてしまうんですよね・・・。

 

レインシューズ

オススメは、可愛いショートブーツタイプのレインシューズ!

これなら気温が高くてムシムシしている台湾でも、雨が降るたびにウキウキした気分でお出かけが出来ます。

私はこれまで、イスラエルのDafna ダフナというブランドのレインブーツを履いていたのですが

暑くて蒸れる・・・。

日本で生活するなら、この形の綺麗なロングレインブーツを

ブーツと併用して使えるのだけど。

 

 

ブーツを購入した当時の記事を発見。

当時たった4,500円程で購入したレインブーツですが、4年程たった今でも大事に履いています。

(出番が無いので持ってきたけどしまってあります。)

 

 

電圧はほぼ同じ!日本の電化製品は台湾でも使えます。

 

「台湾移住」が日本人にとって簡単なことのひとつに「電圧が日本とほとんど同じ」という点があります。

日本の電圧が100Vなのに対して、台湾は110V。

日本のメーカーは推奨していないにしても、

ほとんど全ての商品がそのまま台湾でも使えてしまうのです。

空気清浄付の除湿機

雨が多く、湿度の高い台湾。

また空気汚染も深刻なので、日本のように外で洗濯物は干せません。

 

部屋の中も、湿気でカビ臭くなってしまうので、「除湿機」は台湾生活の必需品になってきます。

台湾国内の工場や排気ガス、また中国からの黄砂やPM2.5も深刻なので

除湿機は「空気清浄機能付」のものを必ず用意してください。

 

オススメは、中国でも人気のシャープのプラズマクラスター。

私は台湾で購入し、3年目ですが、これのない生活は考えられません!

部屋干しでも洗濯物が半日で乾きます。

 

 

洗濯物用洗剤

シャープのプラズマクラスターで部屋干しをする際、合わせて買っておきたいのが洗濯物用洗剤。

もちろん台湾にもいろんな国の洗濯物用洗剤が売られていますし

日本の洗剤もたくさんありますが、やはり値段が高い。

もし頻繁に日本に帰れるのであれば、洗剤もまとめて購入しておきたいところ。

 

4年間試行錯誤した結果、

台湾生活で衣類を洗濯したあと1番ラクして清潔に(かついい匂いに)保つ方法

アリエール部屋干しボールで洗濯→強力脱水後→シャープのプラズマクラスターで部屋干しに落ち着きました。

 

昔は部屋についている乾燥機を使って一生懸命、タオルをフワフワに保とうと努力していたんですが、

誰に見せるわけでもないので面倒でやめました。笑

2〜3ヶ月に1度、日本に帰るので2袋くらい44個ボール入りのものをネットで購入して

台北実家には1袋キープしておく、という感じです。

 

 

布団乾燥機

上記と同じ理由で、

台湾では、太陽の下で安心してお布団を干すことができないので、布団乾燥機が大変重宝します。

除湿機の「乾燥機能」で十分だ!という方もいるかもしれませんが、

布団乾燥機には「ダニ対策」というようなメニューがついており、

1時間くらい熱風を布団に送り込んでダニを退治することができ、これが非常に役に立ちます。

台湾では、「布団を干す」という習慣が無いので

賃貸で借りたマットレスは一度も洗っておらず、「ダニの住処」になっているなんてこともあります。

新しくマットレスを買うのもお金がかかりますし

「布団乾燥機」があればストレスをためずに台湾で生活を始めることができます。

 

おすすめの布団乾燥機は、アイリスオーヤマのもの!

安いのに高機能かつ軽いです。

 

ダニモードで熱風を送って殺菌(?)完了したあとのお布団はふかふかで暖かく、とても気持ちよく眠りにつくことが出来ます。

私は大体2週間に一度くらい、使用します。

お布団を干すよりも簡単なので、オススメですよ。

 

お気に入りの下着

 

これは、女性限定のお話になってしまうかもしれませんが

台湾には「可愛いランジェリーショップ」がびっくりするほど少ないです。

街中にあるのは、Easyshopというダサい台湾の下着屋(ごめん。でも本当にださい)か、台湾ワコールなど。

デザインがダサい上に、台湾人って巨乳が多くて全然サイズが無いんですよ。泣

Cカップ以下の下着を売っているのを見たことがありません。

 

品質やデザイン、値段から考えて

台湾で満足のできる下着は100%買えないので、私は日本に帰った時にまとめ買いしています。

好きなブランドは、オン用でピーチジョン、オフ用だとスロギーで使い分けてます。

仕事の日はほぼ、ピーチジョンのワークブラ。

昔AKBのこじはるが広告塔になってたやつです。

今は中村アンちゃんにバトンタッチ。

小さめなのに、綺麗に盛れて本当にお気に入り。

この下着を作ったデザイナーさんに本当に感謝。

素材もフワフワと柔らかくて着心地がいいし、もうこれ以外は平日つけられない。

 

まとめ

・レイングッズ(折り畳み傘、レインシューズ)

・除湿付空気清浄機と洗剤

・布団乾燥機

・お気に入りの下着

 

以上、6点が日本から台湾に移住する前に日本で買っておきたい

「台湾生活の必需品」でした。

 

実際にはまだまだ「あったらいいな」ってものはあると思うのですが、

日本と台湾は本当に近くて、沖縄までだったら30分でいける距離にあるので

そこまで心配する必要はないと思います。

 

値段が少し高くなるだけで、ほとんどのものは台湾国内でも買えますしね。

また思いついたらこのページを更新していきたいと思います。

 

 

 

 

関連記事  6月18日は台湾の「端午節」で祝日!端午節に欠かせないオススメのチマキ(粽)を紹介します。

コメント