台北にある『国立台湾博物館(鉄道部パーク)』が見応えたっぷりで楽しすぎた!

台北

こんにちは〜。

台湾在住のryoです。

最近『旅に出たい』欲がすごく、旅に出ない日でも、旅をしているように台北の街を練り歩いています。

今回訪れたのは、台北駅のすぐ裏にある『国立台湾博物館』の『鉄道部』。

台湾の鉄道の歴史がたくさん詰まった、かなり見応えのある博物館です。

ryo
ryo

ちょっとでも『旅好き』『鉄道好き』な人にはたまらないと思う!

これまで台湾で訪れてきた博物館の中でも群を抜いて楽しかったです。

国立台湾博物館・鉄道部パークとは?

台湾博物館鉄道部とは、台湾博物館に登録されている建物のひとつで、現在は台北市の3級古跡に指定されており、一般の観光客向けに公開されています。

こちらが観光施設として開放されたのは、2020年7月からだそうです。

ryo
ryo

なるほど長年台北に住んでいても行ったことなかったわけだ〜

鉄道部パーク内の大きな見どころは、日本統治時代に建てられた 庁舎|食堂|石板道|防空壕|八角楼の5つの建物で、現在『防空壕』の中以外は見ることができます。

ryo
ryo

本当にボリューム満点で半日遊べるくらい楽しかったので、

見どころを早速写真で紹介していきたいと思います。

国立台湾博物館・鉄道部の見どころを写真で紹介!

国立台湾博物館・鉄道部までのアクセス

国立台湾博物館(鉄道部パーク)へのアクセスはとても良く、MRT北門駅か、桃園空港MRTの台北駅から徒歩1〜2分くらいの場所にあります。

入場料は100元

入り口で入場料の100元を支払います。

現在台湾で配布されているクーポン(藝fun券)は使用できませんでしたが、現金|クレジットカード|交通カード(悠遊卡)での支払いが可能です。

ryo
ryo

入場券がめちゃくちゃ可愛い!

早速持ち歩いている手帳に貼りました♪

国立台湾博物館(鉄道部パーク)|庁舎

庁舎は、1920年に台湾鉄道の行政管理事務所として、日本人設計士の森山松之助さんによって作られた建物で、1階が鉄筋コンクリート、2階部分が木造の『半木造2階建て』です。

2階の木造部分には、台湾の阿里山で伐採した檜がふんだんに使われており、終始とても良い匂いがしました。外見は、台湾総統府や東京駅などと同じくヴィクトリア様式ですね。

1階では、台湾鐵道のはじまりや歴史をみることができます。

台湾の鉄道は、『清朝』の時代に北部の基隆ー新竹間で結ばれたのがはじまりです。

その後1895年の下関条約で台湾が日本の統治下に入ってから、台湾鉄道が急速に拡大され、台湾東部にも繋がったのち、時代の変化に伴い新幹線やMRTの台頭してきて現在に至る台湾鉄道史を、スクリーンを通して見ることができます。

実際に使用していた車両が再現されており、座席に座って台湾鉄道に乗っている体験をすることもできます。

ryo
ryo

こういう体験型の設備があると子供たちも退屈しなさそう

実際に駅のプラットフォームを再現している部屋もあり、写真撮影も楽しめます。

また、現在の台湾の鉄道では新幹線、鉄道に関わらず電子チケットが当たり前となっていますが、こちらでは以前使われていた切符も保管されています。

1922年には夜行列車が、1960年には台湾鉄道からが日本からDC32750型という観光列車を購入し、運行していたこともあったようです。

ryo
ryo

一度は乗ってみたかった〜…!

2階にあがると、木造建築の贅沢な香りがしてとても幸せな気分にひたれます。

最近台北ではめっきり見かけなくなった『踏切』の展示があったり、

台湾鉄道の一等席に座りながら、贅沢に外の景色を眺めることもできます。

そして今回鉄道部パークで一番感動したのが、2階にある『1970〜1980年代の台北駅周辺を再現したプラレール』のセット…!

広い部屋全体に広がっていてものすごく大きく、しかも電車の中に人がいて電気がついている様子まで見れるのでとても興奮します。

さらに特筆すべきは、部屋全体とセットが暗くなり、夜の鉄道が走る様子も再現してくれるところ…!

ryo
ryo

もう楽しくて楽しくて、「うわあ〜夜だあ〜暗くなった!と思ったら朝だ〜明るくなった〜〜」と子供のようにはしゃいでしまいました

台湾鉄道博物館のプラレール(夜のライトアップたのし)

動いている様子が素敵だったのでショート動画でとってみました

ほかにも見どころがたくさん!

メインの見どころとしては、先ほど写真で紹介してきた『庁舎』なのですが、ほかにも、食堂|石板道|防空壕|八角楼など見どころはたくさんあります‥!

お土産屋さんコーナーに置いてある書籍やグッズもとても可愛くてついつい全部買ってしまいたくなるし、

台湾鉄道博物館で食べる鉄道弁当の美味しさはひとしおのはず!

国立台湾博物館・鉄道部の館内情報

国立台湾博物館鉄道部
住所:台北市大同區延平北路一段2號
電話:+886(2)2558-9790
営業時間:9時半〜17時(月曜定休日)
チケット代:大人100元
公式ページ

最後に

台湾の鉄道史のロマンに想いを馳せることができる上に、目で見て、触って楽しめるような場所もたくさんあるので、大人でも子供でもすごく楽しめる場所だと思いました。

100元のチケット代を払ってみる価値多いにアリです…!

ryo
ryo

鉄道マニアの日本の友達をぜひ連れてきたい…!と思いました

それでは、また〜。

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

台北
ryoをフォローする
Place In Taipei

コメント