スペアキー(合鍵)を台北で作る方法と費用。

TAIWAN

 

この前、日本出張→アメリカ出張→日本一時帰国のハードフライトスケジュールが終わって台北に戻れるぞ〜とホッとしたところ、疲れていたのか、その後40℃近く熱が上がった日がありました。

 

その日は多分朝からもうぼーっとしていて、

台北の家の鍵を東京の実家に置いてきてしまったので、大家さんに鍵を借りて、スペアを作ることにしました。

実は台北で鍵を作り直すのは2回目のことなのですが、驚く位あっという間に、安く、台湾ではスペアキーが作れるんです。

色んな形の鍵に対応しているので、日本の鍵でも作れるかもしれません。

(試したこと無いので確実では無いですが…)

今日は台湾でスペアキーを作った経験を、シェアしたいと思います。

では、どうぞ。

スポンサーリンク

ローカルな鍵屋さんは台湾の街中にある

 

私が今回行ったのは、前に住んでいた新埔という板南線のとある駅。

結構栄えている街なのですが、地下鉄の1番出口から出た目の前に、なんだか懐かしい、いい感じのローカルなお店があります。

鍵だけでなく、腕時計の電池交換や、印鑑なども作ってもらえます。

日本に比べると驚く程値段が安いので、旅行の途中にスペアキーを作ったり(そんな人いないかw)、腕時計の電池交換をしたり

フルネームで自分だけのオリジナル印鑑を作るのもオススメです♪

 

掛かる時間と費用など

お腹を出してだるそうに座っているおじちゃんに「我要做鑰匙(ウォーヤオズォヤオシー」といい、作って欲しい鍵を渡します。

スペアキーは、形にもよりますが一般的なアパートで使っているような

このタイプの鍵だと、5分程度で作ってもらえます。

↑きちんとしたマンションだと、扉が二重になっていて二つ鍵があるのですが

私は面倒で二重で鍵をかけることがほとんどないので

費用を抑えるためにも外側だけ、スペアキーを作りました。

費用はたったの100NT(360円)でした。

日本でも何度か家の鍵を作り直したことがあるけど、

ミスターミニットとかで作って大体1000円くらいでした。

本当に安くて助かりました。

 

最後に

とはいえ鍵なんて大切なもの、無くさないのが一番。

40℃の熱が出ている中で大家さんを待っているのは辛かったです(自分のせいですw)

家族や友人に怒られるのが面倒だったので(よく無くす為w)、

誰にも相談せずサッと大家さんに連絡し、週末に鍵を作り直し何事もなかったかのように処理しました。

次は最近よく止まる腕時計の電池交換と、フルネームの印鑑を作りにいこうかな〜と思います。

印鑑使う機会最近全然ないけど (੭´ ꒫`)

 


今回の記事と全然関係ないけど、ミスターミニットのCEOって凄腕の経営者らしいです。

よくNewsPicksとかで特集組まれてますよね… 前に読みたかった本です。

 


台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント