【台湾でTOEIC】VISA無し外国人でも出来る申し込み方法!

LANGUAGE


 

昨日お昼休みに会社でTOEICの申し込みをしてみました。

TOEICの試験を受けるのは何年ぶりだろう?もう4年近く受けてないような。

これまで日本でしか受けたことがなかったのですが、

現在は台湾ドルで収入を得て、台湾の金融企業が発行したクレジットカードで生活をしているので

自然な流れで、台湾で試験を受けることに決めました。

台湾に住んでいる日本人は、正式に登録されているだけでも21,887人いると言われています。

 

出典:台湾基礎データ|外務省

 

お仕事で来ている方もいるだろうし、国際結婚されて移住してきた方、ワーホリ、3ヶ月以内の短期滞在の方など、日本の住民票を抜かずに台湾に在在している方も多いかと思います。

(日本で移転届を海外として提出していない)

今回は、台湾に住んでいる日本人の方、短期滞在の方でもカードさえあれば(クレジット・デビットどちらもOK)簡単にできてしまう、ネットでの試験申し込み方法を紹介したいと思います。

 

中国のHSKとは大違いで超簡単だったw

関連記事  【中国語】HSK6級のレベルってどれ位?6級合格までのまとめ。

 

スポンサーリンク

【超基本】TOEICってなーんだ?

TOEICとはTest of English for International Communicationの頭文字であり、

アメリカの非営利テスト開発機関ETS(Education Testing Service)が主催する英語のコミュニケーション能力を測るための試験です。

 

【TOEICって何なの?】引用

 

一般的に、TOEICの指標とされているのは

TOEIC Program - TOEIC Testsのうち、Listening & Reading test になります。

Speaking & Writingもかなり大事だと思うのですが、

現状、アジア圏内の企業が英語の実力を測る際、Listeing & Reading testの結果を見ることが一番多いです。

アジアとはいっても、日本、韓国、台湾で主流なだけで

欧米圏への留学や、他国への就職では圧倒的にTOEFLが有利なようですが

試験料高い上にTOEICよりも物凄く難しいみたいです。

私はとりあえずのところ、アジア以外で就職をする予定はないので

台湾でも2ヶ月に一度実施しており、便利なTOEICを受けてみることにしました。

 

実際の申請方法

台湾でTOEICの試験を受ける場合、

TOEIC TWの公式ページへアクセスします。

サイトに入ると、右上に一番近い試験日と、「立刻報名」(すぐに申し込む)

の表示が出ているので、クリックします。

 

今回私が受けようとしているListening & Reading は、9月30日。

試験準備期間はあと1ヶ月ちょっと。

この時期に試験を受けたかったので、丁度よいです。

 

台湾でTOEICを受ける際に掛かる費用の確認

希望の試験項目をクリックすると、試験の紹介と費用が表示されます。

 

台湾でTOEICを受ける際の費用は、1,600元(5,760円)なので

日本で受ける場合(税込5,725円)とほとんど同じですね。

全世界で同じ位の値段で設定されているのだと思います。

 

試験を受ける場所を選ぶ

さて、この時点で申し込み締め切りまで残り5日しかなかったので

人口が多く便利な台北市内の大学はほとんど満員になっています。

台北市内では、3箇所しか受けられる場所がもう残っていなかったので

ひとつひとつ、グーグルマップで検索し

3校の中では一番行きやすいであろう松山新店線の「景美」付近の中学校に決めました。

当日本当に迷わないようにしないと(笑)

試験を受ける学校を選択したら、全然ちゃんと読んでいないですがとりあえず「同意」をクリック。

 

個人情報の入力方法

続いては、個人情報の入力です。

外国人の場合は、一番左をクリックし、個人情報入力フォームに進みます。

ここで外国人と選択すると、何故か英語で表示が出て来ます。

(ここまでずっと中国語だったのにw)

パスポート番号を入力する必要があるので、番号やパスポート期限を覚えていない方は、パスポートを用意しておくのが良いと思います。

メールアドレスの登録をし、送られてきたパスワードを入力して先に進みます。

支払い方法の選択をします。

クレジットカードがない方は、コンビニ振込などの選択もできます。↓

クレジットカードで選択をすると、この先にカード番号や裏の認証番号を入力する項目が出て来ます。

 

中国語名、英語名(パスポートと同じ)、パスポート番号や生年月日、電話番号の登録をします。

 

顔写真のアップロードが必要なので

1人で写っている、なるべく背景が白や、目立たない色の写真データを用意して、添付します。

 

最後に全ての内容を確認して、ネットでの申し込みは完了です!

登録したメールアドレスに、申し込み完了のメールが届いているのを確認して下さい。

最後に

休憩時間の合間、

本当にあっという間に、外国人の私でも簡単に申請ができてしまいました。

申請の際に使うクレジットカードや、デビットカードの他、電話番号さえも

台湾国内のものである必要はないので

旅行ついで(そんな人いないかw)に受けるのもアリなのではないかと思います。

(私はこの前香港旅行ついでに深センでHSK受けて来ましたw)

関連記事  【中国語】HSK6級のレベルってどれ位?6級合格までのまとめ。

 

9月30日に受ける試験の、成績発表は10月22〜11月4日の間。

PDFの成績データだけでなく、正式な認定書が必要な場合は、ネットから追加で申し込みをする必要があります。

点数がよかったらもらいたいけど、

悪かったらこんな証明証出して欲しくないので、後から申請する仕組みはいいなあと思います(笑)

残り1ヶ月ちょっと。

台湾でのTOEIC勉強法や、実際に試験を受けた感想、その後の検定書の申請方法なども9月以降、こちらのページに追記していこうと思います。

 

 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

コメント