日本円収入ゼロの海外在住者でも作れる日本のゴールドカード【楽天プレミアムカード】

MONEY

 

楽天のゴールドカードを持っていると、世界の空港ラウンジが無料で使えるプレミアムパスがもらえるって聞いたんだけど、ゴールドカードって中々審査が降りないんじゃ・・?

という方に朗報です!

ryo
ryo

楽天プレミアムカード(ゴールド)の敷居はめっちゃ低いです。

現採で日本円収入が数年間ゼロの私でも審査が下りました!

 

 

年会費無料の「楽天カード」は、日本では持っている人もすごく多いと思うのですが

年会費が10800円ほど掛かる「楽天プレミアムカード(ゴールドカード)」も実はめちゃくちゃ多くの特典があります。

特に海外在住者で、日本と外国をよく行き来する人には嬉しい特典がたくさんあります。

それでは、「楽天プレミアムカード」のメリットとデメリットを見ていきましょう♪

 

スポンサーリンク

楽天プレミアムカードとは?

楽天プレミアムカードとは、

「クレジットカード」

「電子マネーEdy」

「楽天ポイントカード」の3つの機能が一つになった楽天ユーザー向け最強のプレミアムカードです。楽天カードの一種類で、ゴールドカードに当たるのですが、他の楽天カードと同様、審査の敷居がすごく低いなーと感じます。

だって、数年間日本円収入がゼロ円の私でも通ってしまったんだもの・・・。

海外在住者が「楽天プレミアムカード」を作ると得すること

国内外の空港ラウンジが無料で使える「プライオリティパス」が手に入る

楽天プレミアムカードの魅力は、なんといっても「プライオリティパス」が手に入ることですね!

PriorityPassとは、世界500都市1,200ヵ所以上のVIPラウンジを回数制限なしで無料利用できるパスポートです。

通常は、持つのに429ドル(約4万円〜)の年会費が掛かるのですが、この楽天プレミアムカードを持っていれば、なんと、このプライオリティを無料で申請することができるんです!

 

楽天プレミアムカード自体には、別途10,800円の年会費が必要になりますが、

国内外の空港ラウンジの使用料は、1回で何処でも大体4000円程度なので、年に1〜2回飛行機を利用する人なら、損することはありません。

 

普段格安航空をよく利用する人も、空港に着いたら搭乗までラウンジでゆっくり優雅な時間を過ごすことができます。

(ラウンジによっては、シャワー室や休憩室もあるので、深夜便に乗る時なども本当に便利ですよね〜。)

プライオリティパスを使ったラウンジレビューを見てみる

 

楽天有料会員のサービスが受けられる!

楽天プレミアムカードには、「PriorityPass」が無料で申し込みできる以外に、

「楽天有料会員のサービスが受けられる」というメリットもあります。

具体的には、

・楽天市場で買った商品の送料が無料になる

・ポイント率が2〜5倍になる

・おトクなクーポンがたくさん使えるようになる

などです。

ポイント率やクーポンの内容はその都度変わりますが、楽天ヘビーユーザーならば持っていて損はないですね。

海外在住者でも、楽天Koboの電子書籍をよく使う方には嬉しいサービスかなと思います。

海外旅行保険の補償が最大5,000万円!

楽天プレミアムカードが「旅人」や「海外在住者」に嬉しい理由の3つ目は、

「海外旅行保険が充実している」という点です。

旅行時に、もしも不慮の事故で死亡や後遺障害が残った場合、

楽天プレミアムカードでは最大5,000万円まで補償をしてくれます。

現地で病気になったときは300万円、

交通事故などで賠償責任が発生した場合は3,000万円まで補償があるので

普通に日本に住んでいる時よりも、旅行中のほうが「万が一の保険」に関しては心配いらないんじゃない?って感じ。

 

(私は日本で入っているガン保険、毎月お金払って積み立てているのにガンになっても100万円しか補償が降りないし)

 

補償内容楽天カード楽天プレミアムカード
(傷害)死亡後遺障害最高2,000万円最高5,000万円
傷害治療費用最高200万円最高300万円
疾病治療費用最高200万円最高300万円
賠償責任最高2,000万円最高3,000万円
携行品損害最高20万円(免責金額3,000円)最高50万円(免責金額3,000円)
救援者費用最高200万円最高200万円

出典:Rakuten card

 

とはいえ、

・日本を出国する以前に、航空券やツアー代金を楽天カードで支払う必要があること

・補償期間は、日本を出てから3ヶ月後の午後12時までに限定されていること

 

など条件付なので、「長期海外在住者」というよりは

当たり前ですが、「ビザランで海外に短期滞在している在住者」や「旅行者」に適した補償内容になっていますね。

海外在住者が楽天プレミアムカードを作り、プライオリティパスを申請するまでの手順

ここでは、海外在住者が楽天プレミアムカードを作り、プライオリティパスを受け取るまでの手順を紹介していきます!

楽天プレミアムカードの申し込みページにアクセス

リンクより楽天プレミアムカードの申し込みサイトにアクセスする

引き落とし用の日本円口座を用意

日本円の預金口座ですが、念のため20~100万円程入っていると審査に通りやすい気がします。

ゴールドカードは300万円の借り入れができるので、さすがに日本円預金がゼロの人には審査を通さないかな~と思います。

日本の住所と電話番号を用意する

海外在住者は、日本に固定の住所(実家など)がある人でないと難しいかもしれません。

電話番号記載の項目もあるので、日本の電話番号を書く必要があります。

審査と受け取りについて

これまで何度か日本のカード審査に落ちたことがあったので、駄目元で申請したのですが、なんと今回は1日で審査に通りました。

 

審査1日→発送知らせ3日→実際の発送1日で楽天プレミアムカードを申請してから受け取るまでに、丸々5日程かかったので、

1週間~10日間日本に滞在できる方は、海外在住者でも受け取れるかと思います。

楽天NAVIからプライオリティパスの申し込みをする

無事に楽天プレミアムカードを受け取ったら、楽天NAVIに受け取ったプレミアムカードの登録をします。

登録後、楽天NAVIのログイン画面から、「お申し込み/カードサービス」をクリックしプライオリティパスの申請を完了します。

そこから、10〜14日でやっと、「PriorityPass」を受け取ることができるので、一度でクレジットカードとプライオリティパスを両方受け取りたい場合は

念のため2週間程度~1ヶ月程度見積もっておかないと、難しいですね。

ただ楽天プレミアムカードにしても、プライオリティパスにしても、本人ではなく家族でも受け取れたので、先にもろもろ申請しておいて、家族に受け取ってもらう手もありあそうです。

まとめ

念願の日本のクレジットカード。しかもまさかのゴールドカードです。

私は新卒から海外で働いているので、日本円よりも外貨預金のほうが多くて、正直日本のカードはあきらめていました。

でも、日本円の収入がほとんどない自分でも、審査に通ることができました。

もし、「日本で働いていないから」という理由で日本のカードを持つことを諦めている人がいたとしたら、ぜひ一度試してみてほしいです。

海外に住んでいても、日本のクレジットカード(信用)を持っていると、なんとなく心も落ち着いてきます。

また海外(台湾)に住みつつも、「あったらお得だよな」という日本のサービスがあれば、MONEYというカテゴリーで紹介していきたいと思います♪

 

それでは、また~。

 

 

 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント