iPhoneの下取りと免税で2倍おトク!海外在住者はApple製品を日本で買おう!

MONEY


どうも!

台湾在住のryo(ryo_lfmp)です。

 

私は6年以上iPhoneを使っているのですが、この数年は台湾で購入したiPhone製品を使っていました。

Apple社では、使い終わったデバイスをアップルストアで下取りに出すことができる「Apple GiveBack」というサービスを展開していますよね。

実は、2019年4月8日より日本のアップルストアで、外国人、海外在住の日本人でも下取りをしてもらえるようになりました。

 

また、外国人や海外在住者はパスポートの出入国スタンプの提示で「免税」でのお買い物ができます。

そのため、アジアでアップル製品を購入する場合、日本で買うと一番おトクに買い物ができます!

(一番安くアップル製品を正規で売っているのはアメリカなのですが、アジア国内に住んでいると、なかなか頻繁に行く機会はないですよね・・・)

 

今回は、私が昔持っていたiPhone6を、iPhone XRに交換してもらってきました!

私が住んでいる台湾で取り替えるのと比べてどれだけ節約できたのか?

徹底的にレビューしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

各国のiPhone 下取りと販売価格のまとめ

「日本で買うのが安いってほんと~?」って方のために、まずはアップルの各国公式ホームページから販売価格を比べてみました。

日本のiPhone 下取りと販売価格

iPhone6を下取りし、iPhoneXRに交換した場合。

出典:Apple Give Back

一番安価の64GBの値段は、84,800円。

下取り後の価格が、72,763円になっているので、下取り価格は12,037円ということになります。

私は台湾製のSIMフリーiPhone6の下取りをしてもらったのですが、なぜか下取り価格が13,000円でした。

状態がよかったのと、SIMフリーだったから価値が上がったのでしょうか。

というわけでプレゼント用のiPhoneXRを71,800円で購入することが出来ました。

MacのPCがなくても、その場でデータを同期してもらえる!

とても便利なのが、これまで使っていたiphoneを持っていけばその場でデータを移行してもらえること。

アプリや画像フォルダ、メールやSNS、SMS、ブックマークまで全て30分程度でデータを移行してもらえました。

(一部国内違法ダウンロードのアプリなどは当たり前ですがアップデートができなくなっていました。)

台湾のiPhone下取りと販売価格

アジア諸国に遅れること数年。

2017年、台北の101タワー内にもついに!アップルストア(正規)がオープンしました。

台湾のiPhoneだし、台湾で買ったほうが安いのかな~と下取り価格を聞いたところ、3,300NTDだったので

日本円にすると11,900円程度になります。

日本で見積もってもらったよりも、約1,000円程度ですが安かったです。(そんなに変わらないけど)

でも注目すべきは、台湾の販売価格!下取りした後の値段が、23,900台湾ドル(86,711円)だと!?

出典:以你擁有的,換你想要的。

日本より1万円以上高い・・・でも下取り価格は日本より安い・・・

64GBじゃなくて、128GBの値段なのかしら?と調べたりしてみましたが、64GBは安くても23000元程度で売られているようです。

出典:eprice

 

旅行ついでに台湾で下取りしてSIMフリーのiPhone買おう~と思ってる方、絶対日本で買ったほうがおトクですよ。

日本在住の方で、消費税8%を支払う必要がある方でも日本で買ったほうがおトクな計算になります。

中国のiPhone 下取りと販売価格

さて。

日本、台湾を比較したら外せないのが中国です。

中国の下取りが面白いのは、他の国と違ってiPhoneXの下取りが出来ること。

台湾や日本、アメリカの公式ホームページにはiPhone8までしか下取り後の値段が乗っていないんです。

庶民の感覚からすると、iPhoneXsが出たからって半年前に買ったばかりのiPhoneXを手放そうとはしないですよね?

しかし、さすが新しいもの好きの中国。

iPhoneXも即下取りができるようになってます(笑)

iPhone6をXRに替える場合にかかる費用は、5329元(約89000円)…

 

出典:回馈计划

 

圧倒的に高い…

 

香港のiPhone 下取りと販売価格

台湾、中国を比べてみたところで気になるのが「香港」

香港って、法人税がないんです。だから外国から企業がこぞって香港に本社や支社を構えるんですが、とにかく税金が低く、輸入物の安いイメージのある香港。

販売価格は…5299HKD(76000円)

出典:把你現有的裝置,變成你想有的裝置。

中国や台湾と比べると十分安いけど、日本が7万3000円程度なので、あえて香港で買う理由はないですよね〜。

 

アメリカのiPhone 下取りと販売価格

最後に、アップルの本社があるアメリカでの販売価格を見てみましょう。

冒頭でもお話しましたが、アメリカで買うのが一番安いです。

どれくらい差があるかというと…

599ドル(6万7000円)…

出典:Apple GiveBack

 

最安の599ドル(約6万7000円)

一番高かった中国の8万9000円と比べたら、約2万2000円程の開きがあります!

まあ、アメリカに行く飛行機代があるのでなんとも言えませんが、

旅行で行く機会があれば、いくつか免税で購入して転売しても良いんじゃないかと思ってしまいました…。

 

まとめ

「Place in Taipei」は、

「台北を拠点に、海外移住した日本人女性のキャリアやライフスタイルを健やかに考えるウェブメディア」を目指しています。

今回「海外移住者のお金のこと」では、海外在住者にとって、Apple製品をどこで買うのがおトクかまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

やっぱりアメリカが抜群に安かったですね〜。

でも、アジア諸国に住む皆様は、アップルで新しい商品が欲しいなーと思ったら、日本で購入するのがおトクだなと感じました。

免税でお買い物をするのは、日本人として少し心が痛むけどね・・。

 

それでは、快適な海外生活を〜!

 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント