海外在住者もAmazon Prime(アマゾンプライム)会員になるメリットを3つ紹介!

BOOK


こんにちは〜。

台湾在住のryo(ryo_lfmp)です。

月に1度アマゾンを利用する人ならば、即元が取れるので入っていると便利な「Amazon Prime(アマゾンプライム)」

月額500円で送料が全て無料になったり、当日発送ができたりとお得な特典が多いことで有名です。

では、普段日本に住んでいない海外在住者にとって、Amazon Prime(アマゾンプライム)に入るメリットはあるのでしょうか?

結論から言うと、日本に住んでいなくともAmazon Prime(アマゾンプライム)会員になるメリットはたくさんあります!

今の海外生活がもっと豊かになるだけでなく、一時帰国で日本に帰ったときにも素晴らしいサービスを受けられます。

この記事では、「海外在住者もAmazon Prime(アマゾンプライム)会員になるメリット」を3つ紹介していきます!

それでは、どうぞ〜。

 

スポンサーリンク

海外在住者がAmazon Prime(アマゾンプライム)になるとお得な理由

一時帰国時に色々頼んでも当日に荷物が届く

Amazon Prime(アマゾンプライム)の会員になると、2000円以上購入した場合、日本国内の送料が無料になります。

また、通常当日や1〜2日後に届く「スピード発送」には別途の送料が掛かりますが、Amazon Prime(アマゾンプライム)会員であれば、これも無料です。

「日本に住んで無いし意味なくない?」という声が聞こえてきそうですが、これがメチャクチャ意味あります!!

日本へ一時帰国するときって、いろんなものを買いたくなりませんか?お店を回っても見つからないときは、ネットで探したら一髪で見つかったり。

でも「あと〇〇日で帰国だし、届くか不安だからやめておこう」なんて泣く泣く欲しいものを諦めた経験があるはずです。

Amazon Prime(アマゾンプライム)の会員であれば、当日指定や翌日に、実家やホテルで荷物を受け取ることが出来ます。日にちや時間の指定もできるので、実家が日本にない人や、旅行での利用であっても安心してホテルで荷物を受け取れます○

私はもともとこの用途が目的でAmazon Prime(アマゾンプライム)の会員になりました。

はじめの30日は無料で登録ができるので、日本についてから会員登録をして、荷物が届いたら解約することもできます。(そしたら会費ゼロですね)

Amazon Prime(アマゾンプライム)会員になる

最新作までKindleの電子書籍が読み放題

Amazon Prime(アマゾンプライム)に登録しておくと、電子書籍Kindleの中にある一部の本が読み放題になる「Prime Reading」というサービスが利用できます。

電子書籍の読み放題ってきくと、KindleのUnlimited(アンリミテッド)と似ているな〜と感じ方もいると思うんですが、Kindle Unlimitedが月額980円なのに対して、Amzon Primeの会員になりPrime Readingを利用する場合は月額料金がたった500円です!

しかもタイトルは1000以上あり、毎日のように新しい書籍が更新されています。

ファッション雑誌などは1つ前のナンバーになりますが(例えば12月25日に販売されたのが2月号だとしたら、読めるのは1月号です)ファッション雑誌は季節先取りしすぎてるので全然問題なし!!!

 

※Amazon Primeで電子書籍を読むのに一つだけデメリットがあるのですが、それは10冊までしか同時に本をダウンロードできないということ。

なので今すでに10冊の本をダウンロードしている場合は、何かを消さないと新しい本をダウンロードすることが出来ません。

なので私の場合は、勉強になったこと、参考にしたいことをスクリーンショットしたり、ブログに残しておいて見返せるようにしています。そして手元に残しておきたい!と思ったら購入します。うーん、Prime Reading 優秀すぎるワ。

Amazon Prime(アマゾンプライム)会員になる

Amazon Primeビデオで動画が見放題!

さて、前述した2つだけでお腹いっぱいなくらいメリットだらけのAmazon Prime会員ですが、もうひとーつ!すんばらしいメリットがあります。

それが、「amazonプライムビデオ」が利用できるということ!

「amazonプライムビデオ」は、海外や日本の映画やドラマが見放題の動画サービスです。NetFlixなどと比べるとさすがに動画数は減りますが、それでも日本で流行りの映画やドラマも普通に公開しています。なんて太っ腹なんだ…完全にamazon経済圏に落ちている私。。

ですが、amazon prime videoには落とし穴がありまして、海外在住の方はVPNを使用しないと日本と同じ数のタイトルが観れない仕組みになっています。

まあ日本語媒体はamazon japanが提供しているサービスなのだろうし当たり前ですね。

とはいえ海外でIT、ウェブ関係の仕事を日本としている人ならVPNを元々利用しているひとも多いんじゃないかと思います。

VPNがない人も、日本メインの映画やドラマが100タイトルくらいは観れるので、前述した2つメリット(お急ぎ便の配送料が無料・Prime Readingで電子書籍読み放題)に利用の重きをおいても良いと思います。月額500円だしね。

Amazon Prime(アマゾンプライム)会員になる

AmazonPrime(アマゾンプライム)会費について

Amazon Prime(アマゾンプライム)の月額料金は500円(税込)ですが、年会費として1年分先に支払う場合は、4900円(税込)なので月々たった400円です。

 

  • クレジットカード
  • スマホ決済
  • Amazonギフト券
  • パートナーポイントプログラム(JCBのOki Dokiポイント)

のいずれかによる支払いが可能です。

もっとある!AmazonPrime(アマゾンプライム)の特典

日本にお住まいの方ならば、Amazon Prime会員として受けられる特典は、海外在住者よりもずーっと多いです!

Prime Musicで音楽が聴き放題だったり、プレミアムデーに参加してお得にお買い物、アマゾンフレッシュや、プレミアムワードローブで洋服の試着をしたり…とにかく出来ることがたくさん!

本当に社会のインフラ全てを飲み込むamazon、恐ろしいですね!笑

Amazon Prime(アマゾンプライム)会員ができることは、サルワカさんのページでとっても丁寧にまとめられているので、日本在住の方はこちらをご覧ください。

まとめ

もともとは、日本での短期滞在を終えたら無料期間中に解約しようと思っていたんですが(ケチ)、Prime Readingという電子書籍の読み放題サービスがあまりにも気に入ったので、結局半年ほど使っています。

その間に何度も日本に帰ったので、速達サービスを気兼ねなく利用できるのも助かりました。

あとprime 会員だけの特別価格なんかもあって、さらに得した気分。(本当に安いのかは知らんけど)

気になる方はぜひ、30日の無料体験だけでもどうぞ〜。

Amazon Prime(アマゾンプライム)会員になる

それでは、また♪

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント

  1. […] 8月にAmazon Prime会員になってから、月額料金の500円分くらいは読まないと!というケチな気持ちで、本を読もうと思うとPrime Reading の作品ページばかりを開いています。笑 […]

  2. […] 海外在住者もAmazon Prime(アマゾンプライム)会員になるべき理由3つ。 […]

  3. […] 海外在住者もAmazon Prime(アマゾンプライム)会員になるべき理由3つ。 […]

  4. […] 海外在住者もAmazon Prime(アマゾンプライム)会員になるメリットを3つ紹介… […]