アメリカ・ロサンゼルス空港の免税店で買えるおすすめコスメを紹介♪

アメリカ

旅の最後の楽しみといえば、免税店でのお買い物♪

先日ロサンゼルスを旅してきたのですが、ロサンゼルス空港(トムブラッドリー)には日本と比べてかなりお得にお買い物ができるコスメブランドがたくさんあります!

この記事では、

・ロサンゼルス空港で買うとお得なもの

・日本で買ってもそんなに値段の変わらないもの

をリストアップしながら、実際に私が買ったコスメなどを紹介していきたいと思います!

アメリカ・ロサンゼルス空港の免税店を買うとお得なのは、やっぱりアメリカ発のコスメブランド!

ryo
ryo

ロサンゼルス空港(トムブラッドリー)の免税店でお得に買えるものは、やっぱりアメリカ発のコスメブランドです♪

アメリカで1番安く買える!オーガニックコスメ「キールズ」

ロサンゼルス空港(トムブラッドリー)の免税店で買っておきたいナンバー1は、アメリカのオーガニックブランド「キールズ」です。

アメリカのブランドなので、もちろんアジアのどこで買うよりもアメリカで買うのが安いのですが、ロサンゼルス空港は、アメリカ1キールズの商品がお得に購入できるんだとか(ソースが台湾同僚情報なので間違ってたらゴメンなさい)。

どれくらい安いかというと…通常6,000円はするキールズのフェイシャルクリームが、48ドル!

顔を洗ったあとこれをつけるだけで翌日も顔がもっちりするので、オーガニック志向かつ楽チンが好きな人には超おすすめのクリームです。

ryo
ryo

しかも125mlという大容量!

今回一緒に出張に来た同僚も爆買いしてました。笑

百貨店の高級ブランド「エスティーローダー」もロスの免税店なら楽々手が届く!

日本の百貨店で買うと結構なお値段の張るアメリカの高級化粧品ブランド「エスティーローダー」も、ロサンゼルス空港の免税店で買うとかなり安く手に入ります。

例えば、汗をたくさんかく台湾の夏場に私が重宝している「ダブルウェア」のファンデーションは、日本の百貨店で買うと、定価は6600円。

ネットだと輸入ものが、3,900〜5,500円程度で売られていることもありますが、好みの色が無い、別途500円以上送料が掛かるなどストレスも多いです。

でもロサンゼルス空港の免税店だと、いつでも38ドル(約4,000円)で買えます。しかもアメリカらしく色も豊富で、ブラウン肌も思いっきり明るい白肌も楽しめます♪

ryo
ryo

ファンデーションの色がこんなに選べるってスゴい!!たのしい〜〜!

私は自然でヘルシーな肌色が好きなので、いつも3W1というサンドカラーをまとめ買いしています。(日本では売られていません)

日本よりずっと安い!ブラウン肌ガールズ憧れのブランド「MAC」

ブラウン肌を好む女の子たちに人気のアメリカンコスメブランドといえば、「MAC」

国産ブランドと比べて、少し派手なアイカラーやチーク、よりカラーバリエーションのあるファンデーションなどが人気です。特にパウダリーファンデーションは、カバー力があっておすすめ。

私はちょうどパウダーファンデを切らしてたので、MACでSTUDIO FIXというファンデーションを買いました。

STUDIO FIXのファンデーションは、日本のネットで見ても通常4500円くらいするのですが、ロサンゼルス空港の免税店だと、なんと28ドル(約3000円)で買えます!これは絶対買い!

カラーは店員さんに似合うものを選んでもらい、NC25という明るめのものをチョイス。

リキッドファンデーションをつけたあと、ブラシにとってふわっと馴染ませます。

これだけでもカバー力があるので、普段の台湾生活では多分BBクリーム+パウダーだけになりそう。

色鮮やかなリップに心躍る♡ボビイブラウンも格安でゲット!

アメリカンコスメブランドといえば、MACと並んでブラウン肌女子に人気があるのが「BOBBI BROWN」

マッドなカラーが好きな人には、とてもおすすめのブランドです。

BOBII BROWNの定番コスメといえば、2年前くらいから流行っているクラッシュドリップ。

これも日本だと5000円近くしますが、ロスの空港だと38ドル(4000円)くらいで買うことができます。

ryo
ryo

クラッシュドリップ好きさんは、カラーバリエーションも多いのでアメリカで買うのが楽しそう!

【注意】アメリカ・ロサンゼルス空港の免税店で買っても安く無いものは?

ここまでロサンゼルス空港(トムブラッドリー)の免税店で買うとお得なコスメの紹介をしてきましたが、逆にロスの免税店で購入しても、日本と大して値段が変わらないものもあります

ryo
ryo

アメリカのブランドはそら日本で買うより安いでしょ〜と決めつけないで、ちゃんと値段を比べてみよう!

ロサンゼルス空港内のアップル製品は安くない

「アメリカ国内ではアップル製品アジアより安いし、空港でも同じだろう」と思い、ロサンゼルス空港内の免税店にある「i Store」を覗いたところ、あれ、あんまり安くない…。

アップル製品は普段から値段をチェックしているので、自分が住んでいる日本や台湾で幾らで売られているのか大体把握しているのですが

例えば、日本で46000円程度で買えるiPad miniが、399ドル(43000)

アジアの店舗で買うよりは少しだけ安いですが、必要じゃない限り買わなくていいかも。

ちなみに、正規のiPhoneシリコンケースも38ドル(4000円)

これに関しては、日本で買うよりも少しお高い…。なぜ…。

アルコール類は安くない

ウイスキーやウォッカなどのアルコール類も大して安くないと感じました。

例えば、台湾で720ml 499(1780)で売っているウォッカ。

ロサンゼルス空港の免税店では、1000ml 23ドル (2500)で販売されており、ほとんど台湾国内で売られているものと値段の差がありませんでした。

お酒は重いし持って買えるのも面倒だから、よっぽど特別なものじゃないと、買おうとは思えないよねぇ。

アルコールの持ち込みは、国によって制限があります!入国する国への持ち込み可能容量を必ず確認してから購入しましょう。

ロサンゼルス空港の免税店でショッピングをしたら、ボーディングゲートで商品を受け取ろう!

ロサンゼルス空港(トムブラッドリー)の免税店でお買い物をすると、重い荷物を持って買い物を続けないように、買ったものを搭乗口まで届けてくれます。

特に何も言わなくても、お買い物を済ませるとレシート兼引き換えチケットを貰えるので、そのまま搭乗時間になったら、搭乗口に並びましょう。

パスポートと飛行機のチケットを見せて飛行機内に入ると、こんな感じでレシートと免税品の交換をしてもらえます。

ryo
ryo

袋をあけるのは出国してからにしようね

アメリカ・ロサンゼルス空港の免税店まとめ

今回は、ロサンゼルス空港の国際線窓口であるトムブラッドレーで免税店でお得にお買い物ができるブランド、そこまで安くなかったブランドを調査してみました♪

アメリカのコスメブランドはすごく安いので、MACやボビィブラウン、キールズなどが好きで日本でよく買う人にとってはお買い物がとっても楽しいと思います!

それでは、たのしいアメリカ西海岸の旅を〜♪

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント