え!お肉じゃないの?お手頃価格でおいしいヴィーガン定食を出す「素食堂」。

Vegan

こんにちは〜。

台湾在住のryoです。

今回紹介するヴィーガンレストランは、(ヴィーガンについてはカテゴリーに簡単にまとめているのでご参考ください)お手頃価格でおいしい家庭料理・定食を出してくれるヴィーガン料理のお店。

場所は台北MRTの「三重」駅から徒歩30秒程度の場所にあり…私は家が近いこともあり、かなり通ってます。お店につくまで三重の喧騒が全くなくてさ、(注釈:三重は治安が悪いで有名)お店も静かで、インテリアも素敵で、メニューも豊富で…なのにお安い。

ではいってみよ〜

ryo
ryo

まじで毎日通いたい。健康にもよさそう

スポンサーリンク

新北・三重にあるヴィーガンレストラン「素食堂」

アクセス

「三重」といえば、台北のお隣「新北市」にある街ですが、実は台北市内からでもめちゃくちゃ近いです。2017年に開通した「桃園機場快捷運(桃園空港MRT)」を使えば、始発の台北駅から三重まではたったの一駅。

ほんの数分で着いちゃいます。そんな「MRT三重」駅の2番出口から、三十秒ほどの距離に「素食堂」は位置しています。

お店の雰囲気

お店の外観は、こんな感じ。きれいなマンションの一角にあり、お洒落なカフェ風のすっきりとした佇まいです。

お店の中も、とっても綺麗。

座席数も申し分なく、二人用席もあるのでひとりで来ている人もたくさんいます。

それから、三重なのに(三重への偏見がすごい三重区民の私)自分が訪れたときはいつも客層が良かったです。外国人のお客さんをいつも1組は見かけます。

あと店員さんの接客態度がすごくいい(私が何度か通った観察によるとw、家族・親族経営で若い女の子と叔母さんたちが主に経営している感じ)。

お水やお茶はセルフです。

いつもあったか〜い玄米茶があって、おいしくいただいています。この壁に描かれた絵も素敵だなあ。

入り口の様子

ヴィーガンスナックなどを扱っているコーナー

メニュー

メニューはとっても豊富で、単品と定食で選ぶことができます。定食だと、小皿にのったおかず(漬物など)が2種類、スープと白米がついてきます。

麻婆豆腐定食160元

ryo
ryo

白米が日本で食べるごはんのように甘くてふわふわで美味しい…。麻婆豆腐はひき肉の変わりに枝豆を使っているのですが、これまたすんごく美味しいのです。

炙焼獅子頭定食190元

ハンバーグ定食にしか見えないこの「炙焼獅子頭」というお料理。

「獅子頭」は日本語「肉団子」という意味ですが、こちらは乾燥させた豆腐をキノコのつなぎ(キノコをペースト状にして粘り気を足した感じのもので、ヴィーガン料理によく使われているらしい)で肉団子らしさ=ハンバーグらしさを出して、焼いてソースをつけたもの。

ソースはとろみがついていて、周りのお野菜にもしっかり味がついていて全部おいしかった…。

これがお肉じゃないなんて、私もう台湾ならお肉食べないでも生きていけそう。

ちなみに一枚目の麻婆豆腐定食と見比べてみるとわかるのですが、小皿のメニューやスープもその日によって異なります。

私はハンバーグ定食についてた南瓜とキノコのスープがめっちゃ好きだった…

それから私はかなり少食で、台湾で外食するとどうしても残してしまったり、持ち帰ることが多いんですが、「素食堂」は量がちょうどなので全部食べ切れるのが気持ちいい。

ryo
ryo

フードロス防げてうれしい…

店舗情報

店名:素食堂(素德食堂)
住所:新北市三重區捷運路22巷1號
電話:+886(02)2977-7167
営業時間:11〜21時(月曜は20時半まで。火曜休み)
Facebook:https://www.facebook.com/sstsd/

まとめ

駅近、安い、おいしい、ヴィーガン、飽きない、清潔な店内。いいことしかない。

メニューがかなり多くて、食べたいものがまだまだいっぱいあるので時間をみつけては通いまくると思います。

夕食作るのめんどいときとか、何食べるか迷ったときはとりあえずここに行こうかと。

ryo
ryo

みてたらまた食べたくなってきた〜

それでは、また〜。

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント