【台北・新莊】おすすめのドリンク+軽食カフェ【洛客飲集】

TAIWAN

@台北からリアルタイムで更新しています( ˊᵕˋ )

 

この近くの病院に行くと、必ず立ち寄ってしまう。

新しいメニューを注文したり、写真をとったので前回の記事を書き直してみました。

今回は、台北の中心から少し離れた「新莊」という場所にあるドリンク屋兼カフェのお話です。

台北・新莊ってどこらへん?

日本から観光で台北へ来られる方だけでなく、台北にお住まいの方にもあまり馴染みのない地名である新荘ですが

最近はエアポートライン(桃園MRT)や、今年中に開通すると言われている新しいMRT路線のお陰で発展の著しい地区です。

今のMRTでいうと、この辺。

遠いようで実は直線で結ぶと台北の中心からもそう遠くなく

ただ昔は工場があったり(今もあるけど)豊かな場所ではなかったので

更地になっている部分は新しく建て替えをして高級住宅街のようになっているところもあれば、

目も当てられないくらい入り込んでいるハイパーローカルな街並みもあれば、で面白い場所だったりします。(会社が近くになれば絶対一生行かない場所w)

高級住宅の先であり工場の真ん中には、インダストリアルエリア(産業地区でいいのにやたら横文字w)があり、意外と日系企業も多かったりします。

 

新莊にある【洛客飲集】ってどんな感じ?メニューなどを紹介!

そんな新莊にある最近お気に入りのドリンク屋さん(軽食あり)がコチラ。

【外観】

公式ホームページに載っているコンセプトを簡単に訳すと、こんな感じ。

スポンサーリンク

洛客飲集手工果釀專門店(手作りフルーツジャムの専門店)

洛客飲集的老闆曾經從事調酒研發,累積多年的經驗,後來,決定從釀果技術著手,翻新果茶飲料的技術研究,以高標準的製作流程和基底,開發出一系列高檔次果茶飲。
洛客飲集のオーナーはカクテル調合、研究に何年もの経験がありました。
その後、醸造したフルーツをつく技術に着手し、フルーツティーの技術開発をはじめました。高水準の製造工程や基礎を元に、現在のフルーツティーが開発されました。
多樣季節鮮果耗時費工精釀,捨棄化學食材及多餘添加物,為果茶飲提供最美味的基底配方,讓天然芬芳及健康風味自然而然地走進你我的生活之中。
多様な季節に応じた新鮮な果物を醸造に使用し、化学成分や余分な添加物を使わず、美味しいフルーツティーを提供する為、最も美味しいレシピを調合しました。
天然の香りで健康的な味わいは、自然にあなたの生活に馴染むことでしょう。
間違っている箇所があったら、すみません(汗)
内装は、広くは無いけれど平日のお昼なので、1組しかお客さんがいませんでした。
 カウンターテーブルもあり、良い感じ。
こちらが、ドリンクメニュー。
この日は晴天だけれど12度と寒かったので、ミルクティーのホットをチョイス。
フードメニューは、写真とるのを忘れてしまいましたが、
大体50NT~80NT前後で、台湾の大手チェーン店LOUISSAと値段は同じくらいかな。
安くて質の良いドリンクやカフェごはんが楽しめるのが、本当に台湾の良いところ。
おもむろに、もらったばかりの薬を出してミルクティーと一緒に飲もうと思ったら店員さんが、お白湯を出してくれました。

なんて優しいの〜。感動です。

ホットミルクティーMサイズ(結構大きいけど)45NTと、ハムチーズのホットサンドイッチ59NTで合計104NT(日本円で約380円)のお会計でした。とっても満足。

【追記】別の日に行ったフルーツティー(アイス)が美味しかったです。

頼んだのはいつも通り、ハムとチーズのホットサンドにフルーツティーで110元(390円くらい)

 

フルーツティー小冷・半糖(氷少なめ・甘さハーフが、私がドリンクを頼む時の基準です)このたっぷり入ったオレンジや林檎の甘いこと!

あつ〜い台湾の夏には、タピオカミルクティーよりもフルーツのすっきりした甘みのドリンクが最高です!

感想

外装、内装など雰囲気よし!サービスよし!

コストパフォーマンスよし!味よし!で大満足のカフェでした。

アクセスが不便ですが、近くに行くことがあれば、是非立ち寄ってみてください。

店舗情報と営業時間について

住所: 242台灣新北市新莊區 幸福路14號1樓      電話番号 02 8992 8840                                            

 


 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村

 

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント