台湾の給与低すぎ…どうしたら給与が上がるの?年収100万元の壁を突破する方法。

台湾就職


台湾で働いている人には、様々なタイプの人がいます。

・日本から駐在員として台湾にやってきた方

・台湾人と国際結婚して、台湾にきた方

・台湾が好きで、住みたいから働いている方

私は台湾以外に、中国に長期で住んでいたこともあるのですが

中国と比べて台湾は駐在の需要が少ないなと感じます。

それは、他国と比べて日台の文化が近しく、お互い信頼関係があるので相当なコストをかけて駐在員をおかなくても良いということもあると思いますし

単に市場が小さすぎてビジネスとして魅力的ではないということもありそうです。

そして、中国と比べて圧倒的に「台湾が好きだから、台湾で働きたい」という方が多いように感じます。

働く場所を「台湾」に限定してしまうということは、必然的に「現地採用」としての道を歩むことになるのですが、台湾人の年収は平均180万円程度と言われています。

よって「現地採用」としての給与も、ほかの国に比べると低く、その割に意外と生活費はかかるので、正直なところ台湾で働くのは大変です。

「低い」って実際どんだけ低いの?と気になる方もいると思うので、今回は台湾人の年収と、台湾で働く日本人の平均年収、また台湾で働いてきた私自身の1〜5年目までの給与推移について書いていこうと思います。誰かの役に立てたら幸いです。

 

業界によって給与水準は異なります。私は古い産業かつ文系の業種なので、台湾で勢いのある半導体やAI、IT業界にお勤めの方ならもっと期待できるかもしれません。
スポンサーリンク

台湾人の平均年収は?

 

台湾人の平均年収は、約180万円と言われており、これを/12で割ると、約15万円です。

2019年12月に台湾政府が公式に発表した資料によれば、2019年10月の台湾人の平均収入は49,169元(約18万円)で、去年に比べて1.7%上がっています。

みんな月給18万円なら、そんなに悪くないんじゃない?と思うかもしれませんが、台湾は日本と比べると、貧富の差が相当に大きいです。

台湾国内の最低賃金は、2019年12月現在で23,100元(8万3000円)、時給の場合は150元(540円)です。(2020年1月1日より23,800元、時給158元に上がります)

新卒で未経験の人材を採用する場合、秀でた能力がある場合を除いて、私の感覚でいうと台北市内で3万元(11万円)、台北を囲う新北市で28,000元〜(10万円)が普通と感じます。

私が思うに、8割が3万元(11万円)程度の給与をもらっていて、残り2割で10万元(37万円)近い給与をもらっているマネージャー層の2つに大きく分かれていると考えています。もちろん、会社によっては中間層にあたる4〜5万元代のスタッフもいますが、あまり多くないように思います。

 

ここで、面白いデータがあります。

自分の適性価格を知るために、台湾政府は「給与が台湾国内でどれくらいの位置にあるのか」を確認できるプラットフォームを国民に提供しています。

これを使って台湾政府が公開している2019年12月の平均年収49,169元で入れてみます。(年収入力なので*12します)

すると、平均であるはずの49,169元以下で働いている人が60%、49,169元以上もらっている人はわずか30%というデータが出てきます。

 

何度かいろんな金額で試してみたところ、大体50%(真ん中)の位置にあるのは、月給にして38,000元(13万8000円)程度でした。この金額なら「あ〜。台湾の真ん中ってこれくらい」と納得がいく金額です。

 

台灣人均月薪5萬?「薪情平台」揭秘:輸入薪水,就知道多少人收入比你高

108年10月底工業及服務業受僱員工人數為799萬7千人,本月總薪資平均為46,666元

台湾で働く日本人の平均年収は?

 

台湾政府はホワイトカラーの外国人を守るため、ワーキングビザを出すための最低賃金を47,971元(17万3000円)と決めています。先ほど台湾人の給与について詳しく書いたのでお気づきかもしれませんが、台湾人の平均的な収入と比べて「高い」ですよね。

日本の初任給とそう変わらないので、これだけあれば正直台湾でそこそこの生活ができます。(私は今何の不満もなく台北で生活していますが、それでも家賃含めて月に3万元も使いません)

ただ、この「47,971元」は5年程度の経験があり、台湾社会へ貢献してくれることが前提になります。

また台湾人と結婚し配偶者として働いている場合はこの限りではなくなるので、台湾で結婚し社会経験がない状態で会社員として働く場合、給与に関してのモチベーションはかなり下がると思います。(でもその分若いので、数年ですぐに挽回できます)

ちなみに、社会経験がなく、配偶者ビザを使い台湾で働こうと考えられているなら、

出来れば2年程度仕事を経験しておき、まずはビザの金額を保証してもらえる「ワーキングビザ」で台湾に移住し始めるのがおすすめです。その1〜2年後に配偶者ビザに切り替えたとしても、「配偶者ビザに切り替えたから」給与を減らされることはないですし、転職をしても「前職では〇〇元の給与でした」と提示することで、台湾人と同じ給与で働くことを回避できます。

 

自分も含め、現地採用として台湾で働いている日本人の月給は、平均すると女性の場合は5〜8万元(18〜29万円)くらいではないかと思います。もちろん役職や年数によってピンキリで、20万元(73万円)近く稼いでいる人もいます。

台湾で働いてきた私の給与の推移

私は明確な理由があって台湾で働き始めたわけではないので、当時は台湾で働くことで同世代の日本の友人と比べて給与が低いことに関して、いつも気にしていました。

給与で、仕事のポジションで、内容で、「台湾きたからには絶対ここで成果を出す」と辛いこともたくさん我慢してきました。

今は台湾が本社の上場企業で営業系の管理職として働いており、年収は100万元以上(370万円〜)あります。役職にしては、日本の平均年収くらいしかありませんが、20代の女性が台湾社会でサラリーマンとしては多くもらっているほうではないかと思います。

でも、はじめて台湾にきたときは「月給は36,000元(13万)」と提示されていたんですよね。

日本で新卒OLをしていた頃

年齢:24才
月給:額面20万円(手取り18万円くらい)
ポジション:新卒平社員

ボーナス:5万円(1年目の夏のボーナス)
台湾のお話をする前に、日本で働いていたときのことをお話させてください。

都内の三流私立大学を卒業する予定だった私。

当時スキルとして持っていたのは、日常会話レベルの中国語(HSK6級は取得済)と、流暢に話せる英会話(しかしTOIECの点数は500くらい)、人から嫌われづらい(自分で言うか)というくらいでした。

何かに夢中でのめり込む」ことができなかったので、スキルのどれもが中途半端で、自分よりもそのスキルの高い人が現れると急に存在感のなくなってしまう存在でもありました。

就活も適当にやっていたのに売り手市場であったため、すぐに4社も内定が出て、その中でなんとなく就職先を決め、オリエンテーションにもいかず、入社の4月を迎えました。

大手企業で希望の部署に全滅

ほとんど他の内定者を知らない中行われた入社式には、100人もの同期がいました。

当時はベンチャー大手として勢いがあったので、なんと東大、早稲田、慶應、上智、学習院などなど学歴も高く、美人だったり、人に好かれるのがうまそうな子がたくさんいました。

1ヶ月の研修を終え、希望の部署を3つ書くのですが、エリートな彼らは前々から行きたい部署の先輩と仲良くなっておいたり、上司にアピールをしていて

なんの努力もしていなかった私は、希望の3つのどこにも入れず、1番行きたくない部署に配属されることになりました。

「1年も働いてないくせにその仕事の何が分かるの?」と聞かれたらそれまでなんですが、仕事内容は簡単で肉体労働的なことも多く、本当につまらなかったです。1ヶ月働かなくても、周りにいる人たちを見てすぐに「辞めたい」と思いました。

これまでやってきたバイトのほうがよっぽどやりがいがあった。インプットすることがほぼないのに、定時で帰れない。こんなに暇なのになぜ。

5月に配属されてからすぐに転職活動を始めたものの、入社1ヶ月でやめるような根性なしを雇ってくれる企業は中々なく、台湾の友人から「台湾で働かないか?」と声をかけてもらい、運良く台湾で働けることになりました。

貯金はわずか20万円(この頃エステかなんかのローンで本当にお金がなかったw)

ビザも出ていない中、家族にあっさりと別れを告げ、台湾に旅立ちました。

台湾現地採用の給与:1年目(2014年)

年齢:24才
月給:36,000元(11万円)→47,000元(17万円)
ポジション:日本営業アシスタント

ボーナス:月収0.5ヶ月分

台湾がどんな場所かも知らなかったし、24才の私はまだまだ学生気分が抜けなかったので、

「別に3万6000元でもいいや。バイトだと思って働こう。数ヶ月でも外国で就職したことがあるなんて、多分転職に役立つよな〜」なんて甘い気持ちでいました。

が、一向にビザが降りない。

それもそのはず、この頃(2014年)は日本の大学を卒業した新卒は、台湾でビザが取れなかったのです。ホワイトカラーの外国人を雇ったことがない会社の人事が確認したところ「ホワイトカラーの外国人を雇うには、47,941元以上の給与支払いが必要。その上仕事の経験がないと難しい」とのこと。

いよいよ台湾での仕事を諦めて転職仕切り直しか…と思っていたところ、社長が

「ワーホリビザで1年試してみたら?給与はもちろん規定通りに払うよ」と言ってくれ、台湾に残れることになりました。

でもここで、台湾の平均的な給与は今回私がもらえる給与よりもずっと低いこと(だから口外するなということ)と聞かされて、「社長のために、会社に貢献するために真面目に働こう」と思うようになりました。

急に入ってきた外国人は、社長に可愛がられているし、ハイヒールにフルメイク出勤。

それでいて中国語もあまりわからず仕事にならないので、半年くらいは言葉でかなりイジメられました。

でも6ヶ月をすぎたくらいから、台湾「あ、これ悪気があって言ってるわけじゃないんだ」と分かり、精神的にもどんどん強くなっていきました。

 

台湾現地採用の給与:2年目(2015年)

年齢:25才
月給:26万円
ポジション:日本営業担当
ボーナス:月収1.5ヶ月分

1年働いたタイミングで、一度日本へ帰ろう!と思い立ちました。

別に台湾に就職したくてしたわけじゃないし、中国語もだいぶわかるようになってきたから、今なら商社の第二新卒で将来駐在させてもらえる仕事とか見つかるかも、と具体的に行動し実際にいくつかの会社から内定をもらっていました。

そのことを上司と社長に話すと、「それは勿体無い。日本で働きたいなら、ちょうど良いから日本の事務所を作ればいい」と言ってくれました。

ちょうど出来る仕事が多くなってきて楽しかったのと、会社の自由な社風に「こんな体験をしてみるのも良いなあ」と、社長の提案通り日本に小さな事務所を設けひとりで働くことにしました。

この年、社会人2年目の25才でした。

日本の一般的な2年目、25才の営業職の収入について社長に直談判し、日本円で26万円を受け取っていました。

この1年は私を大きく成長させてくれました。

ちなみに第二新卒で内定が決まっていたのは2社で、このときは第二新卒向けの転職サイト「第二新卒エージェントneo」というサイトを使っていました。

以前ブログにも書きましたが、この転職エージェントで自分の親友も社会人2年目で大手マーケティング社に採用が決まっていて、個人的に結構信頼しているサイトです。

 

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】をのぞいてみる

台湾現地採用の給与:3年目(2016年)

年齢:26才
月給:5.6万元(約20万円)
ポジション:海外営業担当
ボーナス:月収2ヶ月分

社長もさすがに商売人なので、「日本で自由にやってみてある一定の成果が出なかったら、翌年から台湾に戻ることを考えてほしい」と言われていました。契約書は台湾国内のもので、もし台湾に帰りたくなかったらいつでも破棄できたのですが、結局プライベートの面で台湾に戻りたい面が大きくて、本社に戻ることにしました。

(2年付き合っている台湾のパートナーがいました。)

台湾基準に戻った給与については少し揉めましたが、この頃=日本円のレートがx4に近かったので、最終的に5万6000元で落ち着きました。

家賃手当ても補足してもらったので、1年目と比べて台湾での生活がとても楽になりました…。

台湾に戻ってからは2〜3人程度の小さなチームができていましたが、まだ「リーダー」というポジションではありませんでした。

台湾現地採用の給与:4年目(2017年)

年齢:27才
月給:6.2万元(約22万円)
ポジション:課長
ボーナス:月収4ヶ月分
4年目にして初めて役職がつきました。
とはいえ「課長」といっても7人程度の部署の中の、小さなチームで、直属のアシスタントは2〜3人です。

 

まだまだリーダーとしての実感はなく、おどおど仕事をしている状況でした。笑

月収も役職がついたことで前年度より2万円以上上がりました。ひとりで出来ることが相当に増えていたので、仕事が楽しく、今思えば1番残業していた年だったと思います。

そのお陰(?)か売り上げが相当によく、ボーナスも4ヶ月分つきました。

日本円で3桁には届かなかったけど、台湾ってこんなに毎年どんどん給与が上がるんだ!とモチベーションが上がりました。

台湾現地採用の給与:5年目(2018年)

年齢:28才
月給:7万元(約25万円)
ポジション:副理(サブマネージャー)
ボーナス:月収4ヶ月分
2018年から、正式に部署のマネージャーになりました。

この年は1年目の頃のように、人間関係で色々とあって大変でした…。管理職として毎月、毎クオーター、年、翌年の予算編成と管理、教育、人間関係の修復、採用etc

とにかく新しいことの連続で、これまで最優先してきたお客さんの要望を細かく聞けなくなってしまいました。本当に余裕がなかったです。

この頃になると金銭的にはかなり安定してきたので、お金のことはあまり考えなくなっていきました。

がむしゃらに走ってきた台湾生活を振り返り、誰かの役に立つ記事がかけたら…と、ブログを始めたのもこの頃です。

 

台湾で就職するのはありか?

2019年はまだ終わっていないので、去年までの収入の推移と仕事量について書いてみました。

「台湾で給与を上げるにはどうしたらいいか?」なんて記事を偉そうに書いておいて、「いや、年収400万程度で何を言うてんの?」と思われた方も多いかもしれません(笑)

でも、台湾の給与相場って本当に低いんですよ。だから「日本の年功序列、毎年全然給与あがんないし、今の時代海外に出たほうがたくさんお金もらえるかも〜」と思って海外就職を目指している人は、台湾には来ないほうが良いです。

だって、日本なら第二新卒でも年収500万円〜の案件全然あるでしょう。経験ありのマネージャーなら、年収1000万越も難しくはないですよね。

でも、台湾では20〜30代でこれだけ給与がもらえる仕事は、絶対ないです。

アジアで20代でも日本以上に給与をもらえる可能性があるのは、シンガポール と香港、中国国内の大都市くらいです。でも、小学生の頃から1日8時間以上勉強をしてきて、超一流大学を卒業し外国語もペラペラで、それでもこの仕事にありつこうとする優秀な若者と争って仕事を勝ち取ることになります。これも相当な努力が必要だと思います。

上昇志向の高い方には、台湾就職、おすすめ出来ません(きっぱり)

それでも台湾で働きたい人が、台湾で給与を上げるにはどうしたら良いか?

コネがめっちゃ大事

正直言ってしまうと、台湾で給与所得をあげたい場合、1番大事なのは「コネ」だと思います。

元も子もなくて申し訳ないのですが、やっぱりその会社の経営者に好かれない限りは役職を上げることは不可能です。

また経験があって、台湾の経営者と知り合いの場合「よかったらうちの会社来てよ。役職は〇〇で、給与は〇〇くらいでどう?」と、とんとん拍子に話が進むことがあります。

そのように転職を繰り返して給与を上げることも可能ですし、1つの会社に長くいることで昇進することもあります。

「コネ」は別に台湾の経営者と直じゃないとダメ、ということはなく、例えば人材会社の人と親しくなっておき、日頃から自分の要望を伝えていれば、優先的に仕事を紹介してくれることもあります。

台湾の就職サイトといえば「104人力銀行」が有名ですが、こちらは完全に台湾国内の台湾人向けのサイトになっているので、給与水準が低いです。

「台湾」に限定して、外国人採用として仕事を探すなら、JACリクルートメントと、パソナ台湾Reeracoenの3つがおすすめです。

「台湾」で働く高収入の求人がかなり多く揃っています。駐在案件もあるので、「台湾で働きたい」と思ったらまずは登録しておきたいサイトですね。

同じことを繰り返していても給与は上がらない

あとは、会社でチャンスが回ってきたときに「やりたいです!」と自ら手を上げられる、「やる気がある」ことが大事です。

逆に「今の給与でなんとなく満足しているし生活できるから、このライフスタイルを崩したくない」と言う人は、当たり前ですが昇格するチャンスを逃し、給与が今以上に上がることもありません。

多くの責任を背負ってこそ、給与が上がるんですよね。

現在大手の企業に勤めていて、どうも給与は上がりそうにない、役職につけそうにない、と思ったら役職につけそうな中小企業に転職を考えてみるのもおすすめです。

【最後に】私の考える、今後の働きかたについて

「こうなりたい」っていう自分像は、もちろん今でもたくさんあります。

具体的にイメージもしているし、その目標を意識して出来ることから実践したりもしています。

具体的に言うと、35才までに中小企業の副総経理になる、40才までに小さな企業の総経理になる、そのために〇〇をする、起業する、家族ができたらリモートワークの仕事をする、などなど。

だけど、人生って予想通りには絶対いかないんですよね。予想外のことばかり起きるのが、人生。

だって24才のわたしは、台湾で働くことになるなんて少しも思っていなかったし、25才のときも、こんなに長く働くことになるとは思ってもいなかった。

何なら去年は転職して日本に戻るつもりでいました。

だけど、その時々の決断で今の自分があり、今、幸せに暮らしています。

だから、来年すらどうなるのか今は分からないけれど、自分の決断には自信を持って。

また「フレキシブル」な考えと「フットワークが軽い」という長所を忘れずに、元気よく、周りの人と、楽しく毎日を過ごしていこうと思います。

 

 

それでは、また〜♪

 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント

  1. Mike より:

    すごいです。尊敬します。
    これから台湾へ移り住もうと思っているので、
    とても参考になりました、ありがとうございます。

    ひとつ質問です。
    「1年目は本当に辛くて、日本に帰りたくて弱音ばっかり吐いていました」
    とのことですが、特に辛かったのはどんなところでしょうか?

    • ryoRYO より:

      Mikeさん
      ツイッターでもコメントありがとうございました!
      スパムをうまく処理できていなかったのでコメントに気づかず、返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

      特に辛かったのは、言葉を全て理解できなかったことです。
      人と話をするのが好きな性格なので、同僚の話の中に入っていけないことが辛かったです。
      また、本当に同じテンポで話ができないと、1対1以外では話ができないので、大勢で集まる時などは苦痛でした。
      分からないので、意地悪されているんじゃないか、と思ってしまうんですね。
      あとは新卒で入社したので、右も左も分からず、その上給与は台湾人よりずっと高かったので(ビザの規定金額の関係上)
      当初は上司からも煙たがられてたような気がします。

      しかし今では人間関係ではノーストレスとなりました。
      皆意地悪としていたのではなく、ただ言いたいことを言っていただけなんですね。
      矛盾していることも多いので、カッと言い返してやると、なんだか嬉しそうにまた反論してきます。
      住めば都、とまではいきませんが、他の国と比べても、日本人が住みやすい環境であることは間違いなさそうです。

      きついですが、社内で唯一ムニの存在になるためには、台湾系企業や外資企業が良いと思います。
      日系企業では、現地採用からの出世はなかなか難しいかなと思ってます。

  2. […] lfmp-intheworld.net […]