台湾で働く私が、日本と台湾の有給を比べてみた。

WORK


台湾の会社員は、労働者としての自身の権利に貪欲です。(多分普通はそうあるべきなんですよね)

労働法の改正なんかがあると、若いアシスタントの子でも人事にすぐに確認をとって

ちゃっかり残業申請なり有給申請を出してくるので、マネージャーの身としてはしっかり勉強する必要があります。

今日は台湾の「有給(特別休暇・慶弔休暇)」について調べていたのですが、台湾と日本と比べると、有給に関しては台湾のほうが非常に分かりやすく、ホワイトだったので、ブログで共有してみます。

スポンサーリンク

日本と台湾の有給(特別休暇)について

台湾の有給休暇

台湾の労働法に明記されている特別休暇は、シンプルでとってもわかりやすいものです。

中華民国(台湾)の労働部公式ホームページにアクセスすれば、見やすい表ですぐに確認できます。

休み別原則根拠
休日週休2日制(2日休みのうち1日を規定の休み、1日を休息日とする)勞動基準法第36條
祝日內政部の定める国立記念日や祝日のほか、勞動節や中央主管機關の指定した休日。勞動基準法第37條
有給(特別休暇)半年未滿1年:3日勞動基準法第38條

特別休假試算表

半年~満1年目:7日
滿2年目:10日
滿3年目:14日
滿4年目:14日
滿5年目:15日
滿6年目:15日
滿7年目:15日
滿8年目:15日
滿9年目:15日
滿10年目:16日
滿11年目:17日
滿12年目:18日
滿13年目:19日
滿14年目:20日
滿15年目:21日
滿16年目:22日
滿17年目:23日
滿18年目:24日
滿19年目:25日
滿20年目:26日
滿21年目:27日
滿22年目:28日
滿23年目:29日
滿24年目:30日
25年以上:30日
出典:労働部
ということで、有給は年間30日で頭打ちになります。

1年以内に使い終わらない場合、延長の申請ができ、延長を選ばない場合には自動的に翌日の給与にプラスされます。

(月給から日給を計算し、有給の日数分の給与が支払われます)

日本の有給休暇

さて、続いて日本の有給休暇についてですが、政府の公式ホームページを探すのに、とても苦労しました。

「有給 日本」とクリックすると幾つもサイトがヒットするのですが、どれも個人が作ったものばかり。会社によって裁量が全然違うという感じがします。

「労働法 特別休暇 厚生労働省」で検索し、やっと1番目に出てきたのが、厚生労働省の公式ホームページ。でもめちゃくちゃわかりづらい!

厚生労働省が出している12ページあるPDFの内容を何とか簡単にまとめると、

休み別原則根拠
休日労働は、1日に8時間、1週間に40時間まで
労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩が必要
少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日が必須
有給(特別休暇)(1)6ヶ月間継続勤務し、(2)その6ヶ月間の全労働日の8割以上を出勤した場合は、10日の有給を与える。
6ヶ月の継続勤務以降は、継続勤務1年ごとに1日づつ、継続勤務3年6ヶ月以降は2日づつを増加した日数(最高20日まで)を与える
労働時間は1日8時間、週40時間が原則、でも週1日、月4日休ませれば労働法的には問題なし。
年間の有給は、最大20日で頭打ちになるので、台湾よりも短いですね。

日本と台湾の「慶弔休暇」について

続いて、こちらも有給のひとつである「慶弔休暇」について台湾と日本を比べてみたいと思います。

台湾の慶弔休暇

本当に分かりやすい。

「勞動法 休假」(日本語でいうと、「労働法 休暇」というキーワード)でグーグルの1番上に台湾政府の正しい情報がヒットするので、誰でもすぐに調べられるようになっています。

結婚8日間勞工請假規則第2條
忌引き休暇
  1. 父母、養父母、繼父母、配偶喪亡者の場合は、8日間
  2. 祖父母、子女、配偶之父母、配偶者の養父母もしくは繼父母が死亡した場合、6日間。
  3. 曾祖父母、兄弟姊妹、配偶者の祖父母が死亡した場合、3日間。
勞工請假規則第3條
事故や病気の場合
  1. 入院の必要がない場合、1年に30日間を超えてはならない。
  2. 入院の必要がある場合、2年間で1年を超えてはならない。
  3. どちらの場合でも、2年以内に1年以上の休暇を取ってはならない。
  4. 医師の診断の下、癌判定が下され、治療中、もしくは妊娠中の場合、治療もしくは休養期間は、入院患者として計算される。(2年の間1年以上申請ができない)
勞工請假規則第4條
労働災害就業が理由で障害や疾患を発症した場合、治療や休養は公休となる。勞工請假規則第6條
私休(何の理由もなく取る休みのこと)1年間に、14日を超えてはならない。

 

勞工請假規則第7條
公休法令規定に基づく勞工請假規則第8條
実は少し前に祖父が亡くなったのですが、上司に伝えると「人事に日数を聞いて、できれば慶弔休暇をフルで取って休みなさい」と言ってくれました。

本当に急に日本へ帰ることになったのですが、有給を使うことなく6日休むことができました。

(休むには、お葬式の通知など正式な書類を人事に提出する必要がありましたが)

会社がお見舞金まで持たせてくれたので、そのお金でちょっとお高いお花を買うことにしました。

 

その他お祝い事だと、結婚すると8日もお休みがもらえます。
土日や連休と合わせたら2週間近いハネムーンが味わえちゃいますね!しかもその8日間は給与が発生しているって、なんて素晴らしいの!

日本の慶弔休暇

全く厚生労働省の資料が見つからず(検索の3ページまでくまなくみましたが、記載がありませんでした)民間の方が書かれたウェブサイトを参考にしました。

すると、忌引き休暇の規則は、企業によって異なり、忌引き休暇がない企業もあることがわかりました。

就業規則や雇用契約書の定め方次第で有給扱いか無給扱いかも変わるようで、会社次第ってことですね〜。

労働法で定めていないと、中小企業や零細企業では出さないかもしれないですね。有給すら使い終われないんだし…。

一般的には、以下のように定めている会社が多いようです。

結婚3-4日
妻が出産したとき1-2日
忌引き休暇(1)父母、養父母、繼父母、配偶喪亡者の場合は、3-4日間
(2)兄弟、祖父母、子女、配偶の父母が死亡した場合、1-2日間。

台湾での会社員生活に慣れてしまうと、超ーー少なく感じますね!

親が死んでしまっても3〜4日しか休めないって、一体誰が病院やら葬式やら諸々処理をしたらいいんだ!?

実際、労働法通りに休みが取れるのか?

台湾の場合

取れます。

私も祖父が亡くなったとき、6日取りました。

でも何の準備もなく1週間丸々休むのは私の仕事上難しいので、3〜4日くらい丸々休んで、2日くらいはパソコンを持っていき会社と連絡と取れるようにしておきました。

有給は使わないと給与として買い取ってもらえるので、やっぱり出来る限り使いたくないですね。マネージャー失格な発言ですが、そんなの知らんこっちゃない!(笑)

日本の場合

正社員の母は、夫である私の父の両親が亡くなったとき、土日繋げて1〜2日ほど休みをとっていたような気がします。

まとめ

実際日本の会社に半年以上勤めたことがないので、有給休暇をとったことがないのですが、日本で働く友人や家族の話を聞く限りでは、やっぱりお休みを取るのは難しそうですねぇ。

台湾の会社は、給与が低いという最大の欠点があるのですが、「休みを取りやすい」っていうところでは日本に勝っているようです。

マネージャーでも、年に2回くらい大型連休を外して、10日ほどの長期海外旅行にいけちゃうので、

自分が生活できるくらいの給与でいいから、決められた時間だけ仕事して給与もらって、楽に働きたいっていう人には、東南アジアで数年働いてみるのもありかもですね。

 

 

 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント