台北で美味しい日本の洋食を食べるなら!【中山区・鶴田屋】

日本食


東京から3時間、沖縄からはわずか30分程度の距離にある「台湾」は

外国とは思えない程、街中に「日本」が溢れていて

日本食も当たり前に食べることが出来ます!

 

・ファーストフードに

・オシャレなカフェ

・日本の定食屋さんに

・最近は日系の回転寿司チェーン店まで

 

「日本食しか食べたくない」って人でも

全く困ることなく生活出来る国だとは思うのですが

そんな台湾で、

「洋食屋さん」って少ないんですよね。

 

台湾在住の方、

オムライスやポテトサラダ付の和製ハンバーグが急に食べたくなることありませんか?

 

今日は、急に美味しいハンバーグが食べたくてそのことしか考えられなくなった私が

台北にある「日本人が経営する洋食やさん」を紹介します!笑

 

では、どうぞ。

 

※今回の記事は、旧ブログからのリライトになります。

スポンサーリンク

台北の洋食屋・日本人経営の「鶴田屋」

「台北・洋食屋」で調べると、すぐにヒットする「鶴田屋」

日本人の多く住む「中山区」にあるようですが

内湖線の「大直」駅が最寄駅で

私が住む場所からはかなり遠いんですよね・・・。

 

初めて降り立った「大直」駅。

グーグルマップを頼りに歩いて行くと、中々ローカルな街並みが広がります。

 

この道を右折すると、

 

住宅街に隠れて、鶴田屋さんがありました。

 

 

真隣も普通の住宅街なので、かなり見付けづらいと思います。

周りにお店が無いので、結構見つけづらいかなーと思います。

 

グーグルマップと、フェイスブックのページを事前に確認して

 

お店がやっていることを確認していたのですが、

 

ドアには「準備中」の札が。

 

(えーーー!ここまで来たのに!どうしよう・・食べれないの・・・)と

 

半分泣きそうになりながら(←本当に食べたくて泣きそうになった)扉をノックすると

 

オーナーの山田さんが

 

「あっ。夜から開けようと思ってたんですけど、どうぞどうぞ〜」と扉を開けてくれました

 

ホッ♡

 

台北の洋食屋「鶴田屋」店内の雰囲気

 

そんなわけで、今日のランチタイムのお客さんは贅沢にも私ひとり!

 

 

店内や日本にも台湾にもありそうな

 

シンプルな作りですが、とても清潔感がありました。

 

台北の洋食屋「鶴田屋」メニュー

 

メニューは、大体が単品で200元程度とかなりコスパよし!

 

私は、1番人気があるという「ハンバーグ トルコライス」に

 

50元のセット(スープ、デザート、ドリンク)を付けました。

 

 

セットでついてきたスープは、コーンスープ。

 

日本の洋食屋さんのコーンスープって感じです。

 

甘すぎなくて、変な味しない。

 

どろっとしていないし、とっても美味しいです。

 

台湾ではあまり見かけないふわふわデミグラスソースのハンバーグ!
見た目より、かなりボリューミーです。
ご飯も、イエローライスなのにモチモチで美味しかった。
日本のお米と炊飯器で炊いてるのか〜っていう柔らかさ。

 

実はこのサラダとハンバーグに隠れて0.8人前程のナポリタンが隠れていて、女性ひとりではちょっと食べきれないほどのボリューム!

 

食後のデザートと、ドリンク。
大満足のお食事でした。

 

気さくな日本人オーナーの山田さん

 

気さくな日本人オーナーの山田さん、

 

実はお父様が日本人で、お母様が台湾人のハーフなんだとか。

 

中国語の名前は「黄(コウ)さん」

 

レストランや病院予約で苦労しているので、「中国語の苗字あるのいいなー」と羨ましく思いました。笑

 

(最近は基本、「林」ですとか、言いやすい名前で予約しちゃうけどね)

 

今年でこのお店を初めて6年目とのことで

 

台湾での生活のことなど、色々と日本語でお話が出来てとっても楽しかったです。

 

お話が楽しくて、紅茶を飲み終えるとコーヒーのサービスもしてくれました。笑

 

日本のお友達との「女子会」でも使いたいお店!

 

店舗名:日本洋食屋「 鶴田屋」


住所:大直北安路595巷2弄16號 台北市
電話:02 2532 0102
HP:https://m.facebook.com/Tsurudaya

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント