台北クリスマスディナーの穴場「金色三麥」新莊晶冠店

お酒・Bar

こんにちは〜。

台湾在住のryoです。

クリスマスの時期の台湾は、気温が寒いときで大体10度前後、暖冬の時には25度近く上がることもあり、日本ほど『クリスマスムード』はありません。

でも12/24や25日が金曜日や土曜日、週末に被ったりすると…普段から予約しないと取れない台北のレストランは、もっと予約が取りづらくなります。

今回は、そんな人で溢れる台北のクリスマスにおすすめの『穴場レストラン』をご紹介します♪

台北クリスマスディナーの穴場「金色三麥 新莊晶冠店」

『金色三麥』は西欧料理を扱う台湾発祥のブルワリーで、とても人気の高い、若干高級志向のレストランです。クラフトビールだと、以下写真の『SUNMAI』ビールとかが有名ですね!

参考:SUNMAI

『金色三麥』は台北の中心地はもちろん、新北市の中心地である『板橋』はもちろん、全国の『おしゃれスポット』に店舗を展開していて、どの店舗も大抵予約が取れないほど、週末は混み合います。

が、しかし!この『金色三麥 新莊晶冠店』は広々としていてとってもラグジュアリーなのに、全然知られていなく、クリスマスでも混まずに席が空いているんです…!

ryo
ryo

しかも市内からそこまで遠くもないよ

『金色三麥 新莊晶冠店』のアクセス

『金色三麥 新莊晶冠店』は、新北市新莊區にあります。もう数歩いくと『五股區』という工業地帯で、日本人は足を踏み入れたことがない人も多いかと思います(笑)。

この周辺には私が以前勤務していた台湾企業があり、だから私も知っていたのですが『金色三麥 新莊晶冠店』が入っている百貨店(建物)には映画館もあり、これまた全然人がいなくて快適な穴場スポットなんですよ!

台北市内からだと、ふたつの行き方があります。

ひとつは、桃園空港MRTの『新北產業園區站(台北駅から急行だと1駅、鈍行だと2駅と近いです)』から徒歩3分(すぐ見える場所にあります)

ふたつめは、台北MRTイエローライン(2020年に開通したライン)の『新北產業園區站』から徒歩で3分程度です。

ryo
ryo

昔はどちらの地下鉄もなかったから本当に辺鄙な場所だったけど、今は台北市内からのアクセスもとても便利になりました

『金色三麥 新莊晶冠店』の店内の様子

こんな辺鄙な場所にある『金色三麥 』一体どんだけ寂れた場所なの?と思いきや、店内はめちゃくちゃ広々としていて、毎日クラシックやジャズのステージも無料で楽しめます。

ryo
ryo

私の記憶だと毎日20時〜でしたが、ステージを絶対見たい!という人は

事前に電話で確認してね。

クリスマスの日は、クリスマスソングのジャズ演奏があってとても素敵でした。

ガヤガヤしてはいるのですが、本当にお店が広くいので、大人数で食事を楽しみたい、イベントをしたい、というお客さんはステージ側に

ゆっくり食事を楽しみたい少人数のお客さんは、ブルワリー側にきちんと集められるので、騒がしさも全然気になりません。

平日だと、バスケットや野球の試合がスクリーンに流れていて、スポーツバーの雰囲気があります。

ブルワリーや、見学ブースもあります。

クリスマスの日は、店員さんがサンタクロースのコスプレをしているので、台湾でも束の間のクリスマス気分を味わえました。

 

お会計の場所もちゃんと高級感があります。

 

『金色三麥 新莊晶冠店』の食事メニューは?

金色三麥に来たら、絶対飲みたいクラフトビールメニュー。

ということで1番好きな「三麥啤酒組合(クラフトビール3種)280元」をオーダー。

私が頼んだのは、左から琥珀啤酒・季節啤酒・蜂蜜啤酒です。

メニューから好きなビールの味を3種類選べるのですが、1番有名なのは「蜂蜜啤酒」

これは甘くて美味しいので、とてもおすすめです。

台湾ビールが出している蜂蜜ビールに比べると、味が濃くて甘さもないので「ビールが好きな人」が納得する美味しい蜂蜜ビールです。

フードメニューは、2人だと2〜3品でお腹一杯になりそうな感じ。

この日はビールに合いそうなメニューを色々を頼んでみました♪

酥炸薯條(フライドポテト)150元

豚足?(メニューの名前をメモするの忘れました・・・)250元

西班牙海鮮燉飯(海鮮パエリア)小450元

結局食べきれずに持って帰ったので、少食の方は2品で十分かなあと思います。

この日のお会計は、1300元程度(約5,200円)だったかなと思います。

店舗情報

店名:金色三麥 新莊晶冠店


住所:242新北市新莊區五工路66號
電話:02 8522 8989
営業時間:11~24時(無休)

ご馳走様でした!

それでは、また〜。

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント