【格安で清潔】上海で賢く泊まるなら「汉庭酒店」ホテルがおすすめ。5泊6日連泊レビュー!

中国

「よし!中国を旅しよう」と決めたとき

同じ中華圏でも、香港や台湾、シンガポールと比べて「ホテル選び」に迷いませんか?

安宿だと何となく衛生的に心配だけど、高級ホテルに泊まる予算はないし、と。

気ままなひとり旅ではなく、家族や友人と一緒の旅行だと、尚更気を遣いますよね。

でも、ついに見つけちゃいました。格安なのに、超清潔でアクセスがよく、満足度が高いホテルを!

次から中国で宿探す時は絶対毎回ここに泊まる・・・!と言いたくなるくらい、素敵なホテルだったので、ブログで紹介していきたいと思います。

また、ひろ〜い上海で宿を取るときの「おすすめエリア」と「おすすめしないエリア」も私なりに(中国訪問歴15年、長期在住経験あり)まとめてみました。

上海のホテル探しの参考にしていただければ嬉しいです。

それでは、どうぞ〜。

スポンサーリンク

上海の格安オススメホテル「汉庭酒店」は全国に3000店舗を持つ勢いのあるホテル!

今回紹介するのは、「汉庭酒店」というホテルチェーンです。

2005年設立の「华住会」という大手企業が経営していて、数あるホテルブランドのうちの一つが「汉庭酒店」というホテル。

シンプルで、コスパが良く、清潔なのが特徴。

物に溢れる裕福な中国のミレニアム世代が好みそうなデザインです。

「华住会」は、7レベルのホテルを運営しているのですが、私が今回紹介する「汉庭酒店」は、1番安い「経済(エコノミープラン)」のホテルになっています。

出典:华住会公式ホームページ

ryo
ryo

それでこんなに満足度高いって!他のホテルも泊まってみたい

今回Booking.comで予約した1泊の料金はたった3,000円でした。

1部屋計算なので、2人だと1晩約1,500円という計算になります。一応、「华住会」のランク付けで「コスト安」のホテルチェーンになるので、場所によっては口コミレビューのよくない場所もあるのですが、今回私が泊まった「桂林路店」は、2018年の11月にオープンしたばかりでぴっかぴかでした。

サービスもすごくよかったです。

上海でホテルをとるのにオススメのエリア

上海でホテルを取るときに気をつけたいのが、拠点を置くのにおすすめの「エリア」

この記事では、私が思う「上海でホテルを取るのにおすすめのエリア」を紹介します。

静安区

「静安区」は、上海のどこへいくにもアクセスの良い「上海の中心部」です。

至るところにMRTが通っており、賑やかかつ治安も良いです。高級ホテルもたくさんあります。

その中でも特にオススメなのが、「静安区」の南側。

静安寺駅から南下すると、アメリカ、フランス大使館が近く、旧フランス租界地の優雅な街並みが楽しめます。

长宁区

「长宁区」には「日本大使館」があることから、日本、韓国、台湾からの駐在員が集まる「古北」というアジア村が存在しています。

近年では、日本からの駐在員もかなり減りましたが、それでも多くの日本人が滞在するエリアとなっています。大学が多く治安もよく、安全なエリア。

そしてかなりプライベートな理由をいうと、「长宁区」は私が通っていた大学や、父の住む家もあるので馴染みが深く、いつもこの辺に宿をとっています。笑

上海の虹橋空港(日本でいう羽田空港的ポジション)からも近く、日系企業も多いで出張利用でも便利なエリアです。

ちなみに紹介する2つのエリア以外でも、この辺りは治安もよく、便利でオススメです。

上海でホテルをとるのにオススメしないエリア

青浦区

市内にある「虹橋空港」から更に外れたほうにあります。

新開発エリアで、中心部から少し離れていますが、MRTが通っている場所もあるので「上海 格安 ホテル」などの検索などでよく引っかかります。

それでも市内まで出るのに1時間近く掛かるので、初心者には絶対おすすめできないエリアです。中心部と比べて街並みや人の感じもかなりローカルになるので、驚いてしまうかも。

浦東新区

栄えているエリアではあるんですが、ひたすら遠くてどこへいくにも不便です。

浦東新区といえどもこーんなに幅広く、中心地に近くなければ、移動だけで1時間以上掛かります。

その分、ホテルの1泊料金は安いので、エアビーやBooking.comで値段優先に検索をかけると、

浦東地区のホテルばかりが出てきてしまうので注意が必要です。

汉庭酒店(上海桂林路店)を紹介!

今回私が泊まったのは、先ほど紹介した「静安区」でも「长宁区」でもなく(違うんかい)

この2つの周辺にある「徐汇区」という場所にある汉庭酒店(上海桂林路店)です。

ホテルの設備(ファシリティ)

1晩1,500円のホテルロビーがこちらです。

清潔感に溢れています。

受付は小さなカフェスペースもあり、種類の多いコーヒーやハーブティ、ケーキなども頼むことができます。

奥に見えるのは、荷物を預けられるロッカー。

チェックイン時間前や、チェックアウト後に荷物を置きたい時に使えます。

利用方法はスマホをかざすだけ!

無料のランドリースペース

また、宿泊者は無料で使えるランドリーがあり

洗濯機と乾燥機、無料の洗剤を無料で使うことができます。神。

5泊6日と、滞在期間がそこそこ長かったので、2度お洗濯しました。

朝食ビュッフェの紹介

朝食ビュッフェは18元(約350円安い!!

朝食は、やはり中国ホテルのチェーン店なので中華式の朝ごはんばかりでした。

お粥やお饅頭、チャーハンに、野菜炒めなどが中心でした。

コーヒーを飲む人が少ないのか、2日間はコーヒーマシーンが壊れてました。笑

(私がスタッフに伝えたことで、使えるように直してくれました)

5泊6日の朝食ビュッフェで食べたものは、大体毎朝こんな感じ。

正直、朝食に関しては美团外卖でデリバリーして美味しいサンドイッチとコーヒー頼んだほうがよかったかなーと思いました。

旅が100倍楽しくなる!中国旅行で必須のアプリ6選  「キャッシュレスの中国を旅する」
スマホ社会の中国で「今ダウンロードしておくべき中国のインフラアプリ6選」を、中国旅行歴15年間、中国と付き合いの長い筆者が紹介します!中国人の決済方法として話題の「微信支付」や「支付寶」を旅行客の外国人が使う方法も徹底紹介します!

実際に泊まったお部屋の紹介

さて、1泊1,500円のお部屋になります。

ジャジャーン!

値段からは想像もできない広々としたお部屋です!

10坪くらいはあるのではないかと思います。

ベットは低反発でふっかふか。

枕やお布団も、最高に気持ちがいいです。

そして当たり前のように、ベッドの左右にはコンセントが付いています。

光のよく射し込む窓の外は、閑静な住宅街と公園が!

(でも公園で遊ぶ中国の子供最高にう○せ〜)

テレビも大きい!

そして作業用スペースがあり、感動です!

ブログ用にPC持ってきていたので、助かる!!

浴室の様子

シャワールームも勿論清潔です。

ドライヤーもパナソニックのもので、安心して使えるし

トイレやシャワーの水圧や温度もバッチリです!

アニメティは、シャンプー+リンス+ボディソープ+洗顔のなんでもソープだったので

気になる人はご自身で持ってきたほうが良いかも。

(中国は高級ホテル以外大体そんな感じ)

ホテル情報

ホテル名:汉庭酒店(上海桂林路店)
住所:上海 徐汇区 桂林路656号
電話:(+86)21-54523300
※14時チェックイン・翌日12時チェックアウト

汉庭酒店をbooking.comで予約

汉庭酒店をagodaで予約

ホテルへのアクセス方法は、地下鉄9号線の「桂林路駅」から歩いて10分程になります。

現地の電話番号があり、wechat payに電子マネーが入っている人は、近くの駅から車を呼んでホテルまで行くのが便利かと思います。

外国人がwechat payを使う方法は、こちらの記事をご参考ください。

上海オススメホテル「汉庭酒店」まとめ

今回は、中国の大手ホテル会社「汉庭酒店」 のレビューをまとめてみました。

中国旅行の際は、「安全で清潔なホテルを」と思い、外資や日系のホテルを予約することが多いかもしれませんが、中国は日々進化しています。

ホテルや食事、ショッピングなどありとあらゆる現地のサービスが、外国人にも十分受け入れられるレベルに達していると思います。

中国・上海で「安くて綺麗なホテル」に泊まりたいな!と思ったら、ぜひ「汉庭酒店」を使ってみてください〜。

 

それでは素敵な中国旅行を!

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント