感動!台北で美味しい焼肉食べるなら「まるみち」がおすすめ!

日本食


こんにちは〜。

台北在住のryoです。

台湾人は焼肉が大好きなので「焼肉食べ放題」なるものが台湾にはたくさんあるのですが、食べ放題だとちょっとお肉の質がよろしくない…。

でも高級店にいくのもちょっと気が引ける…という方におすすめなのが、台北の東区にある日本の焼肉屋さん「まるみち」です。

ここも正直すごくお安いわけではないのですが、メニューも雰囲気も、客層まですべてが…ニッポン!

まるで日本の焼肉屋さんにいるような気分を気軽に味わえます。それでは詳しく紹介していきましょう〜。

1元(台湾ドル)=3.6円計算(2020年6月28日現在)
スポンサーリンク

まるみち台北とは?

「まるみち」は日本のディーアールという企業が運営している焼肉屋さんで、東京の五反田を中心に、8つの店舗があります。といっても日本の店舗は大田区圏に3つあるだけで、中国の子会社がアジアを中心とした海外展開を頑張っています!

海外店は、中国の上海に3つ、深センに1つ、台北に1つ店舗があります。

ryo
ryo

国内の焼肉屋さんは飽和状態だし、日本のサービスをそっくりそのままアジアで展開したほうが圧倒的に成功しそう

出典:まるみち

まるみち台北が超日本!テンション上がっちゃったよ

さっそく、まるみちの海外店舗である台北店に行ってきました♪

アクセス

最寄駅は、台北メトロ・ブルーラインの「忠孝敦化」駅。

3番出口から徒歩2分ほどの場所にあります。

お店の雰囲気

お店の外観すごい目立つ。完全に日本の居酒屋(?)焼肉屋さんという佇まいです。

お店の中も、完全なる日本式。ちょっと懐かしい雰囲気です。

私は普段からあまり現地の人に間違われることがないのですが、(平たい顔が超日本人顔なんだと思います)

お店に入るや否や、全て日本語でのサービス。

席についてから先にドリンクを聞いてくれて、冷たいビールを持ってきてくれます。

アサヒビールの大瓶180元(約600円)

店員さんの日本語も流暢で、「え、ここ日本だよね?」と錯覚してしまいます。

日本に帰れない今だからこそ、こんなサービスがうれし懐かしい〜。

美味しくて感動!お肉のメニュー

お肉のお値段は、一人前で180〜1500元(700〜5400円)程度と様々。

まあ、1500元もするのはセット(3〜4人前でいろんなお肉がついている)なのですが。

今回私たちが頼んだのはスタンダードなお肉。特に上等のものを頼んだりしませんでしたが、十分、いや感動するくらい美味しかったです。

牛タン:2人前260元(写真は2人前)

ryo
ryo

牛タンは「上等」のものが一人前460元(1500円)でもメニューであったのですが、普通のでも十分美味しかったです。

ロース:1人前260元(写真は2人前)

牛モツ:1人前280元

ハラミ(横隔膜):1人前260元

ryo
ryo

ハラミがちょっと信じられないくらい美味しかった…柔らかくて口の中でとろける

 

炭火焼だけど、なぜか全然臭わない!

一応ドリンクメニューも載せておきます。

ビールは基本的にアサヒビールと台湾ビールの2種類。

ryo
ryo

キーンと冷えた大瓶飲めるの最高〜!

友人の誕生日だったので、近くのPAULでケーキ買って食べ終わった頃にバースデーソング歌いながら持ってきてもらいました。こんなサービスしてもらえるのも完全に日本。

フランスの老舗ベーカリー「PAUL」台北の店舗へいってみた。
こんにちは〜。 台北在住のryoです。 「PAUL(ポール)」といえば、フランスの老舗パン家さんで日本の高級住宅街にも店舗を構えていますよね。 そんな「PAUL(ポール)」ですが、実は私の住む「台湾」にも店舗があります...

店舗情報

店名:まるみち丸道焼肉 台北店
住所:台北市大安區忠孝東路四段170巷6弄5號
電話:+886-2-2711-3086
営業時間:17時半24時(土日は11〜14時半のランチタイムも営業中)
※予約はfacebookページからネットでさくっとできます。

最後に

好きなだけ飲んで食べて、お肉にごはんとサンチュまでつけて、2人でお会計2400元(約8,700円)でした。思ったよりも、高くなかったです!

美味しいお肉をお手頃に食べたいな〜と思ったときに、ぜひおすすめ。

それでは、また〜。

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント