台湾素食(ベジタリアン料理)を楽しむなら、「綠原品(GREEN GIFT)」がおすすめ!

Vegan

こんにちは〜。

台湾在住のryoです。

今回紹介するヴィーガンレストランは、「台湾素食」のお店。

「台湾素食」とは、質素な食事という意味ではなくて、台湾の草食主義料理(ヴィーガン)のこと。元々は仏教の精進料理で使われていた食事ですが、現在は健康食としてより多くの人が利用している「台湾料理」のひとつです。

「台湾素食」というと、街中や学食によくあるローカルなバイキングを想像してしまうのですが、今回紹介する「綠原品(GREEN GIFT)」はとても清潔で見た目もお洒落なので、台湾素食初心者でも挑戦しやすいと思います。

それでは、詳しく紹介していきます〜♪

スポンサーリンク

綠原品(GREEN GIFT)はどこにあるの?

緑原品は台湾素食のチェーン店で、店舗がたくさんあるのですが、今回私が紹介するのは2020年の7月10日に新しくオープンしたばかりの「延吉店」店。

台北MRTブルーラインの「國父紀念館」1番出口から徒歩2分程度の場所にあります。

綠原品(GREEN GIFT)お店の雰囲気は?

お店の外観

お店の外観はこんな感じで、従来の「台湾素食」のお店とは全然異なる雰囲気。

まるでカフェのようにシンプルで、清潔で、おしゃれなイメージです。現金しか受け付けない従来の台湾素食と違って、スマホ決済にももちろん対応しています。

内観

お店に入ってびっくり。ホテルビュッフェか!?っていう綺麗さ。

食べ物も美味しそうでワクワクします。

イートインスペース

イートインスペースも十分にあります。レモン水やスープも無料(イートインの場合は、+10元かかるのでこの料金に含まれる)

綠原品(GREEN GIFT)のメニューにはどんなものがあるの?

おまちかねのメニューです。「台湾素食」自体は私も好きでよくいくのですが、ここのメニューは若干「現代風」にアレンジされているように思いました。

ピザとか、グラタンみたいな、洋風にアレンジされた料理が結構多いのと、サラダなどの生野菜も充実してます。

(一般的な台湾素食は、体を冷やさない教えのために冷たい食べ物はとらずに温野菜ベースのイメージ)

フルーツとサラダコーナー

タイのグリーンカレーらしいものも

どうみてもお肉にしか見えないシリーズ

ポテトとかおもちとかデザートとか

この辺りは一般的な台湾素食のメニューと同じ

お会計の方法は?

こちらの「綠原品(GREEN GIFT)延吉店」ですが、最低消費額が「70元(約250円)」と決まっていますので、必ず70元以上オーダーをしましょう。

計算方法は、100gsmで27元。

私は今回これだけ持って、105元(380円)のお会計でした。

(ごはんはお家で炊くので買って帰らない派です。白米や玄米は一杯10元で買えるから、買ったほうが楽なんだけどね〜。)

店舗情報

店名:綠原品(GREEN GIFT)延吉店
住所:台北市大安區延吉街137巷28號
電話:(02)2711-9001
営業時間:10:30-14:00、14:30-20:00(店舗Facebookより引用

台湾のヴィーガンカテゴリーまとめ

台湾の台北を中心に、私が実際に訪れたおいしいヴィーガンのお店をカテゴリーにまとめました。

たまに外食するなら、健康によくて、ちょっと地球のためになるかもしれない(飛躍しすぎかもだけど)ヴィーガンレストランで食べてみよう。そんな軽い気持ちで、最近はヴィーガンのお店めぐりをしています。

それでは、また〜。

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント