台湾の美容師御用達!コスパの良い中国製のコテ「Nadia」を買ってみたよ。

台湾の美容サロン

どうも〜。

台湾在住のryo(@ryo_lfmp)です。

私の朝の支度に絶対欠かせないのが、「コテ」。

中国語では「電棒(Dianbang)」と呼びます。なんか強そう。

今使っているのは、日本から持ってきたSALONIAの海外対応もしている超優秀な2WAYカールのアイロンで、壊れては買い直しを繰り返して10年近く使っているのですが…髪の毛を短くしたらどうしてもひとまわり細いサイズのコテが欲しくて。

「次日本に帰ったら買おう」と思いつつ、なかなか日本に帰れないので台湾現地で美容師さんにオススメしてもらった「Nadia」という海外ブランドのコテを買ってみました。

お値段もお安くて、意外と使いやすいので「台湾で質のいいアイロンとかコテを安く買いたいよ〜」という方にもオススメです。

スポンサーリンク

台湾の美容室で発見!Nadiaのコテ

いつもの美容室で、「台湾で日本ブランドのコテ買おうと思ったら、悲しくなるくらいお値段が張るんですけど、なんか良いコテないですかね〜」と聞いたところ

「そういやうちのスタッフよくNadiaっていうブランドを使っていますよ」とのこと。

台湾でも普通に買えるそうで、大手ECショップの蝦皮(shoppie)など見てみると、あるあるいっぱいある…!

中国のメーカーが生産販売している商品らしいのですが、台湾では70〜80点くらいのそこそこなブランドとして美容師からも人気があるのだとか。

中国や香港、台湾以外のアジアでも結構流通しているみたいです(日本では見たことなかったです)。

実際使ってみて、どう?

いろんなサイトで値段をみると、サイズによりけりですが大体600〜1500元(2000〜5500円)程度とお手頃価格で売られています。

私はこの持ち手が白いタイプの、25mmのを買いました。一番お安かったのはここのサイトで、700元(2400円)かな。

届いた箱が、異様にデカかったのでびっくりしたんですが(笑)

中身はちゃんと、小さなサイズの、必要としていたコテでした。

温度は230度まで上がるのですが、かなり早いです。3分と立たないうちにあつっ!ってなるので注意が必要。でも時間がなくて早くあったまってほしいひとにはいいかも。

それから、白い持ち手部分が少し熱くなるので、これも注意が必要です。

台湾の美容師御用達!Nadia25mmコテのヘアアレンジしてみた

25mmの細いコテを手に入れてからもう毎日が楽しくて楽しくて…!

とりあえずガッツリ巻いてみて、ハーフアップにしたりとか。

ポニーテールもいつもよりも少しさまになったり。

最近は毎朝色々とやってみて、遅刻しています(コラ)。つい楽しくて色々と髪の毛をいじってしまう。

まとめ

本当は日本に帰ってあれもこれも買いたいけれど…そうもいかないこのご時世。

台湾でアイロンとかコテとか、ドライヤー買いたくなったら「Nadia」という中国ブランドは安くて質もよくてそこそこいいよ〜というお話でした。

台湾にお住まいの女性の皆さんの参考になれば幸いです〜。

それでは、また〜。

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント