台湾で2020東京オリンピックが異様な盛り上がりを見せている理由

台湾コラム

全世界に蔓延したコロナウイルスの影響で1年延長し、開催するしない、観客ありなしで揉めに揉めたオリンピック。

東京で生まれ育ったものの現在台湾に住む私としては、故郷での開催を心から楽しみにしていました。開会式をみていたら涙が出てきたくらい。さて、そんなことはさておき。

東京オリンピックが台湾で異様な盛り上がりを見せています。

『異様な盛り上がり』というのも、これまで台湾は国際的なスポーツの大会などにここまで盛り上がったことがなかった、と台湾に住んで8年目の私は感じているからです。

でも『これが理由なんじゃないか』と思う点がいくつかあるので台湾で2020東京オリンピックが盛り上がっている理由について考察してみたいと思います。

ryo
ryo

書いたのは、台湾で暮らす私個人が感じていることです。

『台湾人の〇〇万人に調査した結果』とかではないのでその辺よろしくです〜

 

 

台湾で2020東京オリンピックが異様に盛り上がっている理由

ステイホーム中の娯楽になった

台湾は、2021年5月14日ごろよりコロナウイルスの国内新規感染者が増加(といっても数百人レベルなのですが、これまでゼロが数ヶ月続いていた台湾では衝撃だった)。

5月15日よりコロナウイルス厳戒レベルを3に引き上げて、約2ヶ月半もの間、外での飲食禁止(飲食店はテイクアウトのみで公園など外での飲食も禁止)外では強制マスク、映画館や図書館など公共の施設をクローズするセミロックダウン状態が続いていました。

ステイホーム期間は自然とスマホやテレビなどのデバイスに関わる時間が多くなるもの。今まで忙しく働いていた人も、おうちにいる時間が長くなり、必然と世界の話題である『東京オリンピック』に目が向くようになったのではないかと思います。

総統(首相にあたる)が毎日SNSを更新!台湾選手の試合スケジュールやアカウントをシェア

私、台湾の総統『蔡英文』さんのインスタグラムをフォローしているんですが、このインスタグラム本当にすごいです。

何がすごいってこのオリンピックの開催中ずっと、インスタグラムのストーリー

  • その日行われる台湾代表選手のスケジュールを投稿
  • しかも台湾代表選手のインスタグラムのアカウントをタグ付け(アカウントを持っている場合)
  • メダルを取っても取らなくても、試合前、中、後に応援メッセージ

しているんです。

出典:@tsai_ingwen

出典:@tsai_ingwen

私も毎日蔡総統のインスタグラムで台湾の選手のスケジュールをチェックし、時間的に観れるものは観ていました。

ryo
ryo

今回、日本の試合よりも台湾の試合をたくさん観てるかも。

それくらい、蔡総統のインスタグラムのおかげで台湾選手の試合を把握していました

しかも蔡総統は、帰ってきた台湾の代表選手たちが泊まる隔離ホテルに台湾式の心温まるあさごはんをメッセージつきで手配しているんです…!

出典:蔡英文送早餐「關鍵4字」超暖心!戴資穎感動:我的最愛

ryo
ryo

「台湾の朝ごはん」といえば、暖かい豆乳と揚げパンだよね。

私が今まで台湾の人たちにしてもらった『暖かさ』みたいなのを思い出して、なんだか涙腺が緩みました。こんなリーダーに私もついていきたい

台湾選手のメダルラッシュが相次ぎ(歴史上最多)国民が関心を持った

今回の2020東京オリンピックで台湾は、台湾の歴史上最多のメダルを獲得したと報道されています。

2021年8月6日時点で台湾は、12個のメダルを獲得しています(うち金メダル2、銀メダル4、銅メダル6)。

ひとつ前のリオオリンピックでのメダル獲得数が3つ(金1・銅2)だったことを考えるとすごい躍進!

ryo
ryo

連日テレビの決勝戦・準決勝戦で台湾の選手が活躍しているとなれば、台湾の方々ももちろん、盛り上がりますよね!

今回の東京オリンピックで台湾の方々の関心が最も高かったのが女子バトミントンシングルスの決勝戦で中国選手と戦った『戴資穎』の試合だと言われているのですが、台湾のテレビ局『東森新聞台』はこの試合の最高視聴率が18.26%だったと報道しています。

(台湾のテレビ局が1%の視聴率をとるのに四苦八苦するという記事を以前書きましたので、興味のある方は見てみてください)

圧倒的な影響力を誇る台湾のSNS事情。テレビ局もネット配信の時代へ?
スマホの普及により誰もが気軽にインターネットにアクセスし、文章や映像などで情報を得られるようになったので、デジタルネイティブの若者にとってはSNS>テレビとなっても仕方ない時代に変わってきています。では、お隣の国「台湾」ではどうでしょうか?今回は台湾で主に使われているSNSと、その影響力について、解説します。

メダルラッシュの理由については色々推測されていますが、もちろん一番は『選手が努力したこと』に間違いないですね。ただメダルと国のGDPってかなり関係深いと思うので選手の実力と、競技に集中できる環境が整っていた、のだとも思います。

ryo
ryo

私も2014年から台湾に住んでいますが、台湾の生活環境が日に日によくなっていくのを感じます。プロスポーツの置かれている環境も、きっと前よりよくなったのではないかと思います。

ryo
ryo

あとは日本が台湾にとってリラックスできる場所だったとか(文化も距離も近い)色々と言われてますよね

参考:台灣為何在東京奧運創下史上最佳成績?

参考:中華隊2020東京奧運獎牌數&排名一次看!台灣東奧獎牌獎金大公開,這兩個項目還有機會奪牌

オリンピック終了まで残り1日!パラリンピックも楽しみ

オリンピックも残り1日。

今台湾でも関心が高いのは、8月7日(土)の野球決勝(日本対アメリカ戦)と、8月8日(日)の女子バスケットボール(日本対アメリカ戦)ではないかと感じてます。

台湾の友達が『今日野球決勝戦だね!』『明日女子バスケ金メダルかかってるね。日本応援するね!』と言ってくれるのが本当に嬉しい(むしろ日本人の私より詳しい…)。

オリンピック終了後は、8月24日 – 2021年9月5日までパラリンピックも続きます。

パラリンピックも、台湾と日本の選手両方を応援したいと思います♪

 

それではまた〜。

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント