【海外就職】台湾で管理職に着き仕事をすることの大変さを語ってみた。

WORK

どうも!

会社員にとっては嬉しい嬉しい金曜日の夜になりました。

10月は、今の仕事をする上で1年で2番目に忙しい月。

今年の10月は出張が無かったけれど、台湾国内で仕事に奮闘していました。

 

さて、今日は台湾の会社でマネージャーとして働いている私が

台湾企業での4年間の経験から、

「台湾でマネージャーやるのは本当に大変だよな・・・」と思う3つのことをシェアします。

 

「台湾への駐在が決まったんだよね」

「中華圏での就職を考えています」

「同僚や部下が中国人(以下、大陸・香港・台湾など中華圏の人を含めます)だけど、どうもうまく指導できないんだよなあ」なんて悩みを抱えている人の参考になれたら光栄です。

 

では、どうぞ!

スポンサーリンク

台湾人と働く、ここが大変だと思うところ

自分の権利をとにかく主張する

労働法に定められている労働者の権利を、会社が認めている範囲でとにかく主張する。

一緒に働いている上司や、同僚に対しての「遠慮」が基本的にない。

別に遠慮してストレスためなくてもいいんですけど、「あ、そう(苦笑)」って思うことが多い。

 

例1)

台湾人部下「明日生理休暇申請したのでシステムの許可ボタン押しといてね〜。(きちんとした敬語がないので中国語で言われるとこんな感じの雰囲気)」

私「あっ…ウン。(モヤっ)」

 

別にいいけど、これ体調悪い人が取る休暇なんですけど〜と思ったりしている。

 

例2)

台湾人同僚「あ!今日30分残業するつもりだから、残業許可の申請出しておいて!」

私「あ、うん…。」

 

(心の声:今忙しいんだけどな…まあ今すぐやるけど。30分て。)

 

解決策

まあそれで日々のストレスがたまるよりは(いつも30分サービス残業してる!って毎日思いながら会社に不満を溜めるとか)全然いいかなと思って出来るだけ気にしないことにしてます。

労働法と会社の基準に定められた範囲で行動しているし、ズルさえしなければいいかなと。

 

注:これから台湾に支社を作ることを検討している場合、遅刻や私情での休みに対して給与から差し引く社内ルールを決めて置いた方が良いです。

これで遅刻や休みが確実に減ります。

日系ではこのルールを作らず、後から困っている管理職の方をよく見かけますが台湾系では遅刻すると給与が減る仕組みになってますよ〜。

 

 

仕事の内容に線を引きたがる。

新しい人材の面接をして、採用が決まるとマネージャーはその人材に対してやるべき業務の説明をします。

(勿論期待していること、担当してほしい業務は伝えるけど、

この業務=給与、と契約書に記載されているわけではない。)

でも、台湾人は仕事の内容に線を引きたがる。

 

例1)

私「あっ、アレ〇〇から持ってきて4つに分けて〇〇さんに送っておいてもらえる?」

部下「…はぁい」

(その場では何も言わない)

 

部下「カタカタ(LINEでメッセージ送ってくる)『これって〇〇さんの仕事ですよね?彼女XXも終わってないし、尻拭いしているみたいで気分悪いです。』」

私「・・・」

 

これ、本当に困るけどしょっちゅうあること。

台湾人は、任された仕事や、自分のやるべき仕事に関しては責任を持って取り組むことが多いのですが決してイェスマンではない。

自分のキャパを超えると、パニクるし、露骨に不満そうな顔になる。

「これは自分がやるべき仕事なんですか?」と当たり前に言ってくるが、定時にはキッカリ帰る。

6時以降は会社の時間ではなくて、私だけの時間でしょ、というスタイル。

それはもっともだし、文句は言わないが、もう少し

「与えられた仕事をどう効率よくやるかを考えて実行しようとする姿」が見たい…。

 

解決法

仕事には、

あの人にも関係してない、この人にも直接関係がない、だけどやらなくてはいけない「雑務」が存在する。

 

これをどうやったら自主的にやってくれるのか。

少し前までは、

時間に余裕がないと「もういいや。自分でやろう」とやってしまうことがあった。

でもこれは一番よくないことだと反省。

 

今は、自分の組織の中で出来るだけやる気と能力のある1〜2人の給与とポジションをつけて

その人たちの下にアシスタントをつける。

自分で直接指示を出すのは、その1〜2人だけで、彼女達とは自分のやっていることをたくさん共有するという方法を取っています。

自分でしかやらない仕事(管理面)を包み隠さず共有することで

私自身の仕事量が、自分達と比べていかに多く、ストレスフルであるかを理解し、協力してくれるようになった気がします。

 

コミュニケーションって大事。

 

毎日やっていることは「仕事」ではなくて、「人とのコミュニケーション」でしかない気がする。

本当に大変だ・・・。

 

 

感謝の気持ちは、十分すぎるくらい大げさに!

台湾人は、「褒められて伸びるタイプ」の人が多いと思う。

かくいう私もそうなのですが、日々感謝の気持ちを伝えることがとっても大事。

「いつもありがとう」「助かった」という当たり前の言葉以外に、

節目にはサプライズをしてあげたり、贈り物をしてあげるのが良い。

(やらないといけないわけではないけれど、台湾人はこういう形式的なものを結構気にする)

 

例1)誕生日を祝う

チームを持っているのであれば、チームメンバーの誕生日は覚えておく。

誕生日の前日にはケーキの手配をし、

当日は時間を見計らって呼び出してサプライズバースデーをする。

うちの会社だけでの文化なのかもしれないが、どの部署もやっているし

実際に祝われる立場になってみると、本当に嬉しい。

 

家族や恋人など一緒に過ごす人がいない人もいるわけで

何となく過ぎてしまう自分の誕生日を、いつも一緒に過ごしている同僚や上司から祝ってもらうだけで何となく嬉しくなる。

 

絶対ではないけれど、相手が喜ぶことを業務以外でするのは上に立つ人の務めでもあるような気がする。

 

まとめ(1)

ここまでが、「実際に大変だなあ、と感じた経験と、その解決法」でした。

「解決策」を少なからず見つけることができたのは、周りにいた「先輩上司」の姿を見てきたからだと思います。

 

続いて、

そんな自分の「先輩上司」たちを見ながら考えた、「マネージャーになるために必要だと思われる能力」についても書いてみたいと思います。

 

台湾でマネージャーになるために必要だと思われる能力

1:おしゃべりで人を楽しませる能力がある

台湾人はおしゃべり好き。

「話をするのが本当にうまい人」が、私の感覚だと日本よりもずっと比率として多い。

誰でも「面白い話をきく」のは好きだと思う。

どれだけ人を楽しませる話が出来るかは、本当に大事。

 

2:社長や上司から好かれる

台湾には、147万社の企業が存在しているのですが、そのうちのなんと97%は中小企業。

「大企業」は、全体の3%程度しかありません。

106年中小企業重要統計表

1945年までは日本に統一され、その後は国民党が逃げてきて、49年からやっと台湾という島を中華民国が支配し始めた経緯もあり

比較的1代で築きあげた企業の多い台湾。

ワンマン社長が多いので、「社長や上司に気に入られる」「仲良くなる」というのは台湾企業で生きていく上で非常に大切なことかと思います。

欧米企業のように「成果だけをみる」というわけでもなく、日本企業のような面倒見の良さも、かなりあるような気がします。

 

3:見えない努力をしていて専門知識が高い

普段おしゃべりで陽気な人に見えても、ここぞという時はきちっとやる。

「何でそんなことまで知ってるの?」「どこで聞いたの?」って周りが思うようなことを知っていて、誰かに教えることが出来る。

 

今までは、「どうして?」「悔しい」とおもっていたけど、答えは簡単で

自分よりも勉強に時間をかけているから。

 

「〇〇が詳しくて羨ましい!あの人みたいになりたい!」と思ったら、ただ憧れるのも、それをただ口にするのも全く意味がなくて

やるべきことは、同じように手を動かすこと。

 

いつでも「やる人」「やらない人」の差があるだけなのだ、と特別準備した後プレゼンが成功した時などは特に思う。

 

4:性別に関わらず、見た目が良い( 清潔感がある。)

「人は見た目が9割」という本が流行り、

その後「人は見た目が100パーセント」というドラマが放送された。

 

この考え方、あながち間違いじゃないと思います。

 

人は誰しも美しいものが好きだし、醜いものを嫌います。

誰でも良い匂いが好きだし、臭いものは嫌い。

「見た目へのハードル」は、日本に比べると台湾は低いかもしれないけれど

 

「きちんとした人」は「身なりを整えている」

やっぱりそう思います。

 

5:自信に満ち溢れている

マネージャーはチームの「リーダー」

心の中ではどれだけ自信がなくたって、「できない」そぶりを見せてはいけない。

 

「弱いリーダー」と一緒にいると、みんな不安になる。

いつだって自分を古い立たせて「自信満々」でいなければいけない。

 

これは、「謙虚」な日本人にとってかなり難しいことだと思います。

 

私自身も、楽観的だしこのブログで偉そうに色んなことを発信してはいるものの、

「自信満々」になれないなーと日々思っています。

台湾人の上司にはいつも

「もっと自信を持ちなさい!」と言われてますが、難しいよねぇ。

(まだしょうもないミスもたくさんするしさ…)

 

6:臆することなく英語で会話する(英語がペラペラ)

台湾は、人口わずか2300万人の国で、国民一人当たりのGDPは2万2000ドル程度。

国内市場が小さすぎるため、台湾全企業のうち70%が国外向けの商売をしています。

(欧米や日本への輸出入を行なっている貿易会社を支える国内製造業も含む)

そのため、英語と日本語などの外国語は台湾で非常にプラスに働きます。

 

日本語が出来て、英語も出来る人は少ないのでどちらも出来ると重宝されます。

台湾人にとっても「英語が出来る」=「出来る人」というイメージはあるようで

ABC(アメリカ生まれ中国人)などは企業でも人気があります。

まとめ(2)

色々書いてみて思ったけれど、

どこの国でどんな仕事をしている人でも必要な能力になってくるのかもしれません。

 

自分には足りないものがまだたくさんあるけど、

上で書いた「能力」を全て持っている人をたくさん知っています。

そんな人と仕事をすると、楽しいし、やる気も満ち溢れてきます。

自分のチームメンバーにも、そんな影響力を与えられるよう、

自分なりに「なりたい自分」になるための努力しよう、と思うのでした。

 

ああ、久々にミスをした金曜の夜にクソ真面目なことを書いてしまった。笑

 

本読みながらウトウトします♡

 

今日も読んでくださってありがとうございました!

 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

関連記事  私が台湾のローカル企業でマネージャーになるまでの経緯・どうしたら給与は上がるのか?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

スポンサードリンク

 

 

ryo

台北在住。台湾の上場企業で営業部長の傍らウェブライターやブログ運営をして気ままに暮らしています。
詳しいプロフィールはこちら

ryoをフォローする
WORK海外就職
スポンサーリンク
ryoをフォローする
Place In Taipei

コメント