【信義安和】台北老舗のパンケーキ屋さん「Jaming Cafe」

台湾のお洒落カフェ情報


こんにちは〜。

台北在住のryo(ryo_lfmp)です。

今回は、台北で日本式のふわふわパンケーキが食べられるお店、として有名な大安の「Jaming Cafe」へ行ってきました♪

さすが老舗だけあって、パンケーキメニューが豊富で驚きました…!

このページでは「Jaming Cafe」の店内の雰囲気や、パンケーキメニュー、実際に訪れてみた感想などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

台北で日本のパンケーキが食べられる「Jaming Cafe」とは?

「Jaming Cafe」は台北の大安区にある日式パンケーキが食べられるカフェ。

台湾へ中国語を勉強にしにきていた3人の日本人が、当時パンケーキ文化のなかった台湾で試行錯誤しながらオープンさせたお店です。

アクセス

「Jaming Cafe」は、台北MRTレッドラインの「信義安和駅」から徒歩5分程度の場所にあります。

この駅は「台北101駅」の隣ということもあって、お散歩しているとビルの隙間から堂々とした綺麗な台北101が見えて、本当に気持ちがいいです…なんて良い場所なんだ。

お店の雰囲気

外観は、こんな感じ。

せっかく綺麗な外観なのに、お店の前に大量のオートバイが。笑

台湾ではよくある光景ですが、もったいないなあ。

お店の中は、とにかく日当たりがよく、広々としていて気持ちが良いです!

カウンターもこんな感じ。清潔感に溢れています。

「Jaming Cafe」は、台北で大人気のパンケーキカフェと聞いていたので、絶対に並んで座れないだろうな…と思っていたら、最近は人気が落ち着いてきたのか(台北でパンケーキが食べられるお店がかなり増えた)土曜日の11時でも1組しか先客がいませんでした。

台湾人は夜更かし好きで朝も遅いので、お昼すぎたら混むのかもしれませんが。

電話やネットでの席予約も受け付けているので、並ぶのが心配な人は事前の席予約をオススメします。

メニュー

驚いたのが、パンケーキメニューの多さ。

台北のパンケーキが食べられるお店って、カフェメニューのひとつとしてパンケーキが付いていることが多いんですが、ここはまさしく「パンケーキ専門店」

デザートパンケーキ、おかず系パンケーキが各10種類以上あり、悩ましい…。

悩んで、結局注文したのは、

定番のバナナ、バターシュガーとはちみつのパンケーキ(180元)

これは、カリッと香ばしく、すごく美味しかったです。何頼んでいいかわからない人は、とりあえずこれを注文しておけば問題ないと思います。

 

スモークサーモンのパンケーキ(280元)

スモークサーモン大好きなのですが、このサーモンは冷凍っぽくてそんなに美味しくなかったのが残念。

付け合わせのサラダは、ピエトロ風ドレッシングが効いていてすごく美味しかったです。

 

 

その他のメニューも、載せておきます。

デザートパンケーキ

定番のバナナとバターのパンケーキ(180元)

おかず系パンケーキ

ドリンクメニュー

全部単品なので、パンケーキを頼んでもドリンクのセット割りがないのがちょっと悲しい。

でも、パンケーキとドリンク頼んでも、300〜400元(1000〜1500円)くらいなので、まあ大体そんなもんかな、という感じはするのだけど。

店舗情報

Jamling cafe東京松餅
住所:台北市大安區安和路一段127巷29弄15號
電話:02-2701-2030
営業時間:12〜21時(週末は10時から営業・水曜定休日)

まとめ

「台北のパンケーキ」で有名なお店だったので、来れてよかったです。

個人的には、私が住む場所からちょっと遠いのが残念…!

ただ、場所的には台北の一等地にあるので、信義区や大安区での女子会ランチなんかで使えそうなお店です。

 

台北在住者オススメのパンケーキ屋さん5選!」記事で、台北おすすめのパンケーキ店を5つまとめていますので、こちらもよかったら見ていただけると嬉しいです。

台湾の美味しいパンケーキ屋さん6選♪【2019年台北在住者が選ぶ】
台北で食べられるパンケーキのお店を6つまとめました。台北在住5年目の運営者が紹介する、「有名ではないけど美味しい、地元のパンケーキ屋さん」6店舗。リコッタパンケーキ、プチパンケーキ、スフレパンケーキなど。

 

それでは、また〜♪

 

 

台北情報ブログと、海外就職ブログのランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします ( ˊᵕˋ )

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

 

Twitter でryoをフォローしよう!

コメント